Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitterでつぶやいたレッサーパンダのまとめ

#赤パンダ_ タグを付けたつぶやき
【海外】

リンゴ型のブイなんてあるんだ~っ! -- Nashville Zoo Red Panda
虎虎ララの仔はんぱなくムチモコ(^m^) そして白い! ララ似なんだね。 su lin the baby red panda
レッドリバーにいるタケだよ(^^)
シンシナティにいるターレイトランの仔。 バトってます♪
バレイ動物園の虎虎くん、星奈ちゃんに似てる?
バレイ動物園のララちゃん、キキくんに似てる?
そして虎虎とララの仔
バレイ動物園のタケとリーファの仔。 シャーレイちゃんかな? ノコの小さい時に少し似てる。
シンシナティのトランちゃんかな? (ポリンと双子の姉弟)
シンシナティのトランとターレイ。 ターレイはターシャンと双子の兄弟。
プロビデンスのタイちゃん(虎虎とララの仔)? バレイのピップちゃんと双子 どっちもモコプリ
虫の居所が悪いリーファと飄々とかわすタケ、そして三つ子@レッドリバー動物園 -- Red River Zoo Red Panda Triplets 9-12-09 Pt. 1
リーファと三つ子(シャオ・リー、リーファJr.、タケJr.) -- Red River Zoo Red Panda Triplets 9-12-09 Pt. 2
くす玉と戦うタイちゃん(虎虎とララの仔)@プロビデンス この動画は超お薦め♪
見た事あるようなお顔です。 ZeyarとMalikhaの仔。Zeyarは日本レッサーパンダカップルの仔。 カルガリーZooも要チェック! -- Keti the red panda

日本の血統をひく海外レッサーパンダについてのまとめ PhotologZoo | タケの嫁さん
日本の血統をひく海外レッサーパンダについてのまとめ2 PhotologZoo | タケ二世誕生\(^o^)/
日本の血統をひく海外レッサーパンダについてのまとめ3 PhotologZoo | 覚えてますか?
日本の血統をひく海外レッサーパンダについてのまとめ4 PhotologZoo | 三つ子\(^o^)/
日本の血統をひく海外レッサーパンダについてのまとめ5 PhotologZoo | タケの仔はタケ

クマさん入門 レッサーパンダは友情出演。ナマケグマっ仔がえらい可愛い(〃∇〃) -- A Beginner's Guide To: Bears
カルガリーで人工哺育になったケティちゃん(♀)も日本レッサーパンダの子孫です。 (ZeyarとMalikhaの仔)
レッサーパンダのベビーラッシュに先駆けて… 色々な赤ちゃん特集(レッサーパンダ含む)。みんな無条件に可愛い♪
ネパール系だけど赤ちゃん情報 6/16生、他園でも6/14に双子(一頭のみ生) New (red) panda cub at the National Zoo
生まれたてに近いぞ! Red Panda Surprises Zookeepers with Cubs
カルガリーでも生まれてた♪ -- Red panda twins born at Calgary Zoo
2009/12/24生まれの仔パンダの性別と体重チェック RT @WellingtonZoo ...he's a boy!
この前ツイートしたカルガリーの赤ちゃん、ママがMalikhaって事はパパはZeyarなのかな?
RED PANDA V.S. DEER ノロジカ?を追い掛けるレッサーパンダ、意外とビクビクちゃんじゃないのね (^0^;;
ノックスビル動物園で2010/6/14に♀の双子誕生(ネパール系) 母:Akkali 父:Chewbacca
ZooNewsDigest Zoo's red panda cub dies スミソニアン国立動物園で♂の赤ちゃんが7/8死亡
Red Panda Cub Has Died 先ほどのツイートをもっと詳細に
ZooBorns Sleepy red panda cubs @knoxvillezoo - ノックスビルの赤ちゃんは母パンダのグルーミングしすぎにより人工哺育に
セコイアパーク動物園でツインズ・デビュー Red Pandas Shifu And Sumo Debut At The Zoo
インドの動物園で赤ちゃん誕生(もちネパール系) Three Red Panda cubs born in captivity in Sikkim
Death of Brooklands Zoo's red panda http://bit.ly/aNWbqr ブルックランズ動物園の♂パンダ(ネパール系)11歳 Mungo(またはMungojerre)死亡のニュース
ポタワトミ動物園で三つ子の赤ちゃん誕生(ネパール系) Potawatomi Zoo welcomes new arrivals
ボイジー動物園で誕生(ネパール系) Currently reading
エリー動物園からアクロン動物園へネパール系 Akron Zoo celebrates arrival of red panda Zheng アクロンはネパール系へ変更?(以前いたシセン系は移動してるか亡くなっているみたい)
メモ(後で整理する時の為に) Baby Red Panda News
以前ツイートした今年生まれたカルガリーZooの赤ちゃんの父親はやっぱりZeyarでした。彼の両親は共に日本からウィニペグへ移動したペア。 Two rare red pandas born at Calgary Zoo
えっ?!マカロニ食べるの(!_!) Please sir...may I have some more? オーストラリアはネパール系
カルガリーで人工哺育になったケティちゃん(♀)も日本レッサーパンダの子孫です。 (ZeyarとMalikhaの仔) ※URL移動の為、再投稿
ウッドランドパークZooで健康診断 う~ん、何処かで見た事のある顔ともふもふっぷり… Red panda gets annual medical exam ※誰か和訳してぇ~~っ!
そうだエドモントン(Valley Zoo)のTAI(プロビデンスへ)とPIPに似てるんだ→(再投稿) モコプリだぜっ!!
日本レッサーパンダの子孫-TAIとPIPの一歳上の姉がシアトルに嫁に行ってるハズ。 ウッドランドパークZooの個体は三歳の♀って聞こえたからビンゴ! ところでPIPは跡取り娘で婿をもらうって話が去年出てたけど、どうなったのかなぁ?
プレスリリースにあったよ、やっぱりPIPのお姉ちゃん♪ Woodland Park Zoo - Press Release ※掲載されている写真は以前からウッドランドパークにいる♂6歳
冬から繁殖の為にペアリングするからその前に健康診断だったんだ、それにしても12kg超って(!_!) ミンミンにも似て見えたハズだ(笑) Red panda gets a physical

スポンサーサイト

▼続き

ingの新レッサーパンダ舎

レッサーパンダ・ファンの間で話題持ちきり、茶臼山動物園の新レッサーパンダ舎。
そのコンセプトは

入園者の皆さんにレッサーパンダをより間近に、より自然にご覧いただけるよう目指しております。
屋外運動場は、なるべく生息域の植生を再現し、きょくりょく人工物が目に入らないようにしています。小川をつかった運動場、自然の樹洞の中の巣穴を再現した運動場、大きな樹木の運動場などがあります。
屋内運動場の方は、逆に人工物を多用し、レッサーパンダを四方八方360度からご覧いただけるように工夫しております。おそらく国内では初であろうお客さんが運動場の中に入れる屋内展示場。


実際に行くまでの間(正確にはブロガーのみなさんが掲載するまで)、いろいろと想像して楽しんでいました。

【新レッサーパンダ舎・妄想編 (^0^;;】
屋外放飼場は4~5程度の区画に分けられ、十字に来園者用の通路。
各放飼場や来園者通路はインビジブルネット(埼玉Zooのレッサーパンダ舎で使われているような、遠目からは見えない網)で囲われている。

活発な若パンダ用には高い樹の生えている放飼場、母子や老齢パンダ用には低い木の生えている放飼場、そして予備(?)OR特別なイベント用(?)に竹の生えている放飼場。

室内展示場の方はアスレチック風に組まれた木々やパンダのオモチャになりそうなものがいっぱい♪
そして二階建てで一部吹き抜け、ウッドテラスがあり来園者がそこから外で樹に登っているレッサーパンダと同じ目線の高さで観察する事が出来る。

クリックで拡大newchausu02.jpgnewchausu03.jpgnewchausu04.jpgnewchausu05.jpgnewchausu06.jpgnewchausu07.jpgnewchausu08.jpgnewchausu09.jpgnewchausu10.jpgnewchausu11.jpgnewchausu12.jpg■ 全12枚
な~んて感じに妄想を膨らませ…
(まだまだあるのですが妄想話ばかりを書いていても何ですので (^-^A)

では、実際の新レッサーパンダ舎を見て参りましょう。
大人のレッサーパンダは単独飼育の方針のようでひとつひとつの放飼場自体はそれほど広いわけではありません。
各放飼場はアクリル板で覆われていました。
小川の流れる放飼場は脱走防止の改修中で現在は使われていませんでした。

ココロのいる放飼場には樹洞があり、近い将来ココロがこの樹洞を利用し子供を産んだりするのでしょうか?
(実際にはバックヤードの寝室内に巣箱を入れてだとは思いますが、野生のレッサーパンダが子育てしている光景が目に浮かぶようです)

ココロは人懐こいのですが旧レッサーパンダ舎でも東屋の梁の部分にタレている事も多かったように、新レッサーパンダ舎でも人目に触れないところにいる事が多かったです。

ココロの隣にはチャオの放飼場。
ここには一番背の高い樹が生えていて、樹の上でチャオが様々な姿態を見せてくれました。

その隣は9歳で最年長のキキの放飼場。
ここだけは一部アクリルではなく、ワイヤーで覆っている部分があり、匂いや息づかいを感じる事が出来ます。
また、登らせないためにか樹をアクリルで囲っているのが印象に残りました。

最年長ながらもっともアクティブだったのがキキです。
倒木にじゃれついたり、アクリル越しにアジサイを威嚇したり ^^;、来園者の観察も一番していたように思います。

最後にアジサイのいる放飼場。
ここには樹が生えておらず、止まり木のような杭だけが打たれていました。
多摩の大放飼場で高い高い樹の上にタレ、閉園時間になってもなかなか降りてこないで担当さんを困らせている事も多かったからでしょうか?
それでもやはり一番高い樹、そして走り回れる広い場所がお似合いなのはアジサイだと思います。

アジサイは来園者に背を向けている事が多かったです。
その理由はまた後で…

アジサイの放飼場から塀越しに見えるのがバックヤード(寝室)です。
各放飼場と寝室が直結していないので、夏場など開放(冷房の利いている室内と屋外出入り自由)展示は出来ないようですね。

まだ、木陰を作るような大きな樹がない(育っていない)し、東屋などもないので日陰もありません。
夏場の展示は室内のみとなる事もあるそうです。

夏場はともかく、冬に雪が積もり放飼場で遊び回るパンダ達を見たいと思っていたのですが、アクリル板の高さがそう高くないので雪のつもり具合によっては…
と余計な心配をしてみたり(^-^A

ところで単独飼育とは聞いていますが子どもたちを複数頭で屋外展示することはあるのでしょうかね?

今までにない画期的で斬新な放飼場でした。
それだけにこれからも手を加えていかなければならない所も多いようで、現在進行形と言うか常に進化を続ける展示施設だと思いました。

風の噂によるとこれからもっと画期的な展示になるみたいなんです。
数年後のレッサーパンダ舎をまた思い描いてしまう私です。

▼続き

夏の楽しみ方?

クリックで拡大sotopanda02.jpgsotopanda03.jpgsotopanda04.jpgsotopanda05.jpgsotopanda06.jpgsotopanda07.jpgsotopanda08.jpgsotopanda09.jpgsotopanda10.jpgsotopanda11.jpgsotopanda12.jpgsotopanda13.jpgsotopanda14.jpgsotopanda15.jpgsotopanda16.jpgsotopanda17.jpgsotopanda18.jpgsotopanda19.jpgsotopanda20.jpgsotopanda21.jpgsotopanda22.jpgsotopanda23.jpgsotopanda24.jpgsotopanda25.jpgsotopanda26.jpgsotopanda27.jpgsotopanda28.jpgsotopanda29.jpgsotopanda30.jpgsotopanda31.jpgsotopanda32.jpgsotopanda33.jpgsotopanda34.jpgsotopanda35.jpgsotopanda36.jpgsotopanda37.jpgsotopanda38.jpgsotopanda39.jpgsotopanda40.jpg■ 全40枚
暑さに弱いレッサーパンダは夏には体調を崩しやすいので、室内のみの展示(あるいは非展示)か放飼場とバックヤードの出入りを自由にしているところがほとんどになります。
タレていても眠っていても、お外でその姿を見る事が出来るだけでありがたいですよね。

とは言え、活発なところが見られたらそれはそれで嬉しいファン心理。
関東圏で夏に(レッサーパンダを見るのに)お勧めの動物園ベスト3行ってみよ~っ!

まずは多摩動物公園。
ここは大放飼場で四頭のレッサーパンダを見る事が出来ます。 (室内展示や小放飼場もあります)
樹になっているかのようにレッサーパンダがタレていたり、岩陰に隠れてみたり、放飼場を闊歩したり…
今年から室内と出入り自由になったのですが、その事がブーブーにとってはかなり良かったようで例年よりもお外で動き回る事が多くなりました。
やはり室内で体を冷やせるのが良いみたいですね。

四頭を一度の見るにはやはり、リンゴ・タイムがお勧め。
まれにアジサイが樹から降りてこない事もありますが…

次に千葉市動物公園。
夏の放飼場は風太とユウタが日替わりで使っているようです。
暑さにとても弱い風美はしばらくの間、室内展示(中庭には出られる)のみのようで。

風太が一番暑さに強いのですが、ズバリお勧めはユウタの時。
若くて行動がオモローなユウタが出ていると楽しさ倍増です。
気温によっては室内で涼む時間も長くなりますが、お外にいる時のユウタはホントに面白いですよ。
リンゴ・タイムならユウタを見損ねる事はありませんしお勧めなのですが、敢えてその時間外で見るとオモロー行動が見られます。
さぁ、いつを狙いましょうか?

やっぱりここが一番か、市川市動植物園。
現在は綺麗どころの二頭が育児中で非展示ですが、とにかく頭数が多いので何処かの獣舎で外に出ているところを見る事が出来ると思います。

1号舎は風通しが良く樹が大きな日陰を作ってくれている時には、悪ガキトリオ三頭のバトルも見れちゃいます♪
疲れたらお部屋で爆睡もしちゃいますが、とにかく良く遊び良く眠る元気な三頭です。
特にハオは暑さに比較的強いのか積極的に外に出る事が多く、バトる他にも独り遊びしたり、木登りしたり遊ぶ時間が長いです。

最長老の健健も暑いのに外でタレてみたり、お散歩も日課のようで元気な姿を見る事が出来ます。
でも、お部屋に入るまで心配でもあるので、ちゃんと部屋に帰って休んでいるかチェックしちゃうんですけどね ^^;

個人的に特筆すべきは4号舎にいるメイファ
ここは日当たりも良く、見ている方も汗だくになる辛い場所なのですが…
若さゆえか遊び好きなのか、勝手に自分でスイッチ入れて暴れ回ったりするんですよぉ。
(私がスイッチ入れるのはサスガに涼しい日しか出来ません、体調心配ですもんね)

メイファは室内で涼んでは出てきて一暴れ。
そして、また涼みまた一暴れを何回も繰り返す事も少なくありません。
(思わず「メイちゃ、こっちは日陰もなくてお日様浴び放題で参った、お休みさせて」とこちらが根を上げ休憩に行く事もありました)

ただ、気まぐれなお嬢さんなのでその時の気分次第ですね ^^;

この日は他の来園者の方からも「スゴク活発ですよねぇ♪」と言われるほど弾けまくっていたメイファ
しばし、レッサーパンダ話に花を咲かせ立ち話していると『私を見なさいよ~~っ! かまってよ~~っ!』と言わんばかりにまた暴れまくってました(笑)

もちろんあまりに暑すぎる日は何処のレッサーパンダもお外に出ている時間が極端に減り、その姿を見る事が出来ないかもしれませんが、そんな日は人間にも暑くて辛い日なんだからゆっくりと休みましょう♪

番外編として穴場は江戸川区自然動物園。
ここには真夏の営業部長とも言えるブナがいます。
とにかく暑い日でもその姿を見ない事はなかったのでした。

※ レッサーパンダが多頭数いて、若いコがいるところがやはり活発ですよね。
でも、この夏は我々も少しお休みして、レッサーパンダの秋を満喫するのが一番良いのかもしれませんね。

雪の放飼場

クリックで拡大snowpan02.jpgsnowpan03.jpgsnowpan04.jpgsnowpan05.jpgsnowpan06.jpgsnowpan07.jpgsnowpan08.jpgsnowpan09.jpgsnowpan10.jpgsnowpan11.jpgsnowpan12.jpgsnowpan13.jpgsnowpan14.jpgsnowpan15.jpgsnowpan16.jpgsnowpan17.jpgsnowpan18.jpgsnowpan19.jpgsnowpan20.jpgsnowpan21.jpgsnowpan22.jpgsnowpan23.jpgsnowpan24.jpgsnowpan25.jpgsnowpan26.jpgsnowpan27.jpgsnowpan28.jpgsnowpan29.jpgsnowpan30.jpgsnowpan31.jpgsnowpan32.jpgsnowpan33.jpgsnowpan34.jpgsnowpan35.jpgsnowpan36.jpgsnowpan37.jpgsnowpan38.jpgsnowpan39.jpgsnowpan40.jpgsnowpan41.jpgsnowpan42.jpgsnowpan43.jpgsnowpan44.jpgsnowpan45.jpgsnowpan46.jpgsnowpan47.jpgsnowpan48.jpgsnowpan49.jpgsnowpan50.jpgsnowpan51.jpgsnowpan52.jpgsnowpan53.jpgsnowpan54.jpgsnowpan55.jpgsnowpan56.jpgsnowpan57.jpgsnowpan58.jpgsnowpan59.jpgsnowpan60.jpg
■ 前編60枚
雪は昔から好きなんですが五年ほど日本海側の雪国で暮らした事があって、灰色の空と雪はあんまり好きじゃないのです。
(降っている時はほとんど灰色の方が多いよね)
なので、贅沢を言えば2~3日ぐらい雪が降り続いて積もり、その後の晴れの日に(青空で)時々雪が舞うってのが理想。
まぁ、そんなのは10年に一度あるかどうか…

2月3日は東京としてはかなり積もった方で4日は晴れの予想だったので、多摩Zooならば積もった雪が溶けずに青空バックで撮れるかなぁと思ったのだ。
(写真として見る分には降りしきってる時って画になるので好きよ。 撮りに行くのは辛いからヤだけど ^^;)
風景は青空バックになるけれど動物まで絡める事はほとんど出来ませんでした ^^;
でも、お日様浴びてキラキラはあったから良いかなぁ。

さて、こんなご託はさておきレッサーパンダ達の話をしましょう。
大放飼場には4頭のレッサーパンダ達。 (1月中に行けばブーブーも交え5頭で見れたのに…)
若いレッサーパンダだけなので放飼場を駆けめぐったり、バトルをしたりと大忙し。
それを撮る私も大忙し(笑)

それにしてもアジサイ(♂)・コタロウ(♀)とルンルン(♂)・メイメイ(♀)の兄妹達はどの子もそっくり。
現地で生で見ている分には個体識別つくけど、写真となるとチョット怪しい…
間違いがあったらご指摘下さいm(..)m

ついにブーブーの体重を抜いて多摩で一番大きなレッサーパンダになったアジサイ。
アジサイは積極的な性格で活発に動き回り、人懐こい。
アジサイに似ているがおっとりマイペースなコタロウ。
この2頭の見分けは比較的簡単かと思います。 (遠目が怪しいけど ^^;)

1歳下のちびっ子達はまだ産毛が残っているせいか、雨や雪で濡れるとより細くぼそぼその毛に見えるのでアジ・コタとの違いは判る。
ルンルンは飼育係さんからもお墨付きをもらったほど淡淡に生き写し。
そして頬のところの毛がバトルで少し抜けていて、非常に活発で人懐こい。
メイメイは目の下の白いラインがルンルンに比べて多く、コタロウ同様マイペース。
ルン・メイは横顔だと区別しづらくて困るのだ。

▼続き

多摩レッサーズ近況

クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大■ 全31枚

多摩の心優しき紳士ブーブーは今日も大放飼場を闊歩する。
いつもと違うのはその後ろをアジサイが着いて回る事。
活発で物怖じせず人懐こいアジサイはそのお転婆ぶりも相当なもの。
ブーブーに対しても遊んで攻撃が凄まじく…

今まで女の子に対しては手を出す事のなかったブーブーがアジサイに限っては近づいていき、「えっ、じゃれて遊ぶの?!」と思ったら何と何と大きな体を小さく丸めグルーミングをしてあげ出すのです。
実の父親だってやらないよねぇ、他人のブーブーがここまで面倒を見るとはビックリです(!_!)

コタロウの方はおっとりマイペース。
妹のアジサイとは遊ぶけど、ブーブーとは関わり合いたくないみたい。

おやつタイム間近、ドア前で待ちかまえるブーブーとアジサイ。
どちらも人前での食事や飼育係さんのそばに行く事など全然問題にしないタイプ。
コタロウは奥の岩場で様子を窺っていました。
(リンゴより笹の葉の方が好きなのもあり、この日はリンゴを食いっぱぐれ)
飼育係さんが立ち去ると一番奥の笹場で笹の葉を食べ出すコタロウでありました。

▼続き

    [Page Top]   TOTAL Pages 1  [Home]    


Appendix

インフォメーション

最近の記事

petit pandaについて

RSS Reader



タグリスト

登録数の多い順になっています

タグクラウド


アジサイ >


個体紹介

市川Zoo

カツオ シーンファ ハオ
ミンファ メイファ 天天
ナミ ライチ リンタ
次郎 鈴鈴 健健

江戸川Zoo
ブナ ユウユウ 琥太郎
サン


埼玉Zoo
マグロ ポリン トロ
ララ タケ ノコ
ココ ナツ テッカ
マキ


月別アーカイブ

 

ブログ内検索

カウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。