Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気の良い海(ウミ)です

クリックで拡大umikun02.jpgumikun03.jpgumikun04.jpgumikun05.jpgumikun06.jpgumikun07.jpgumikun08.jpgumikun09.jpgumikun10.jpgumikun11.jpgumikun12.jpgumikun13.jpg■ 全13枚
野毛山動物園に移動し第一の任務(交尾)を遂行した

のげやま ふぉーしーずーん 春号が大々的に紹介されました。
その一部をご紹介。 (詳しくは動物園に行ってもらってきて見てね)

キンタさんより体の色もしっかりとした濃い栗色で、口の周りや耳の白い部分もはっきりとして、目鼻立ちの整ったとてもかわいい顔をしています。

イラストではイケメン!と書かれています。
個人的には美形と言うよりもファニーフェイスで愛嬌のあるお顔って思ってます。

ところがこのウミ君、その顔とは似ても似つかず、おっかないパンダなのです。小さな移動箱で野毛山にやってきたその時から、職員たちを驚かせました。箱の中を開けようとすると、ガウガウと怒りの声を出して扉の金網を噛みついたり、引っ掻いたりします。これまでの野毛山のパンダたちとは全く違った、攻撃性あふれるウミ君です。

 移動箱から寝室に出たウミ君は、網越しに職員を睨みつけます。ちょっと近寄りがたい感じで、まるで小さな猛獣です。

野毛山でも数多くのパンダを飼育してきましたが、こんなにおっかないパンダ君は初めてです。

あらら~っ、おっかないパンダって連発されちゃってますねぇ (^-^;;
は気の良いパンダで元々は人工哺育の個体と間違うほど人慣れしたパンダだったんですけどねぇ…

キンタに対しても気を遣ってか降りようとする通り道にキンタがいると遠慮して降りずに、キンタが移動するまで待ってたりするんですよ。
(ちょっと運動神経が鈍めな事もあって少し高いところから離れたところへ飛び降りたりが苦手なのも手伝っての事だと思いますが)

初対面の時には移動のストレスと極度の緊張状態でキンタのシッポを噛んじゃったけど、それ以降は威嚇する事もなく常にキンタに気を遣っているなのです。

ただ気性が穏やかで気だての良い人懐こいもここ2年ぐらいで、対人間に関しては様子が変わって来ちゃったのも事実。

私が思うには…
原因は内封されている事が多く(人目に触れない)、またパンダガイドでのリンゴの与え方の問題が気を荒くさせたのではと思っています。
スポンサーサイト

▼続き

東武のパンダ達

クリックで拡大tobuesa02.jpgtobuesa03.jpgtobuesa04.jpgtobuesa05.jpgtobuesa06.jpgtobuesa07.jpgtobuesa08.jpgtobuesa09.jpgtobuesa10.jpgtobuesa11.jpgtobuesa12.jpgtobuesa13.jpgtobuesa14.jpgtobuesa15.jpg■ 全15枚
大黒柱の海は出張(出稼ぎ)で野毛山動物園に行き、良い感じでしたが残された東武動物公園の面々はどうでしょうか?
生後半年を過ぎ双子の成長に大きな差が出てきています。
大地は早くも父性本能(?)に目覚めたのか兄としてにグルーミングしてあげたり、なかなか面倒見の良いところを見せています。
そうは言ってもまだまだ大地自身がと同じく赤ちゃんですので、面倒見ているうちに遊びに転じ、が玩具になってしまう事も… ^^;

そんな時には母親のチヒロが助け船。
大地に対しては放任を貫いていますがの事は常に気に掛けています。
兄妹でのバトルの時はそばを通って大地の気を逸らします。

ただ、幼いながらも大地がかなり強いのでチヒロもたじたじ。
これだけしっかりしている大地ならば兄のと一緒にして鍛えてもらった方が、母の負担も減るし良いのではないかと思います。

まぁ、どれだけオモチャにされようとも夢は大地をすごく慕っているので、離したらしばらくは寂しがるかとは思うのですが…
さて、成長が著しく遅れている夢ですが説明によると「夢ちゃんは笹しか食べず、栄養価の高いペレットを食べないので大きくならない」との事。
そのため、お昼を過ぎた頃に夢だけを隔離して、別に餌を与えたり夕食も細かく切ったリンゴに砕いたペレットを振り掛けて与えたりしていました。

しかし、「笹しか食べない」のではなく「笹もあまり食べない」のです。
糞の小ささがその事を物語っています。
(ペレットにリンゴジュースやミルクをかけてふやかして与える方が食べやすいかなと思うのですがどうなんでしょう?)

そして、夢にはまだまだチヒロのお乳が必要なんですよね。
ただ、見る度に所帯やつれしたようなチヒロで毛艶も悪く、乳頭も目立たずであまりお乳も出ていなかったんじゃないかなぁ。
その僅かなお乳も元気な大地がほとんど飲んじゃって…

個人的に気になっているのは餌の少なさです。
お昼前後にレッサーパンダ舎の前に着くと笹は茎しか残っていません。
パンダ・ガイドがある時を除いては閉園間際まで新たに餌が与えられる事もないし、その餌もアッという間になくなってしまいます。

マイペースでおおらかなチヒロの性格もかなり変わってしまいました。
元々、食べる事は大好きだったのですが今ではお腹を減らしてイライラしている様子が見て取れます。
自分自身をグルーミングするゆとりもあまりないようですし…

の頃にはふんだんに笹が与えられていました。
ココロが赤ちゃんの頃にも割とあったかな。
ココロが育ってきた頃(まだ大地や夢は生まれていない)ぐらいから、お昼には食べるものがない状態になったかと思います。

不況で餌が減らされているとしたら本末転倒。
募金を募るのでも、パンダガイドの際にリンゴを一くし500円ぐらいで売っても良いじゃないですか。

ココロなども餌が欲しくての常同行動している姿を見ると悲しくなりますし、チヒロや夢の状態もすごく気掛かりです。
どうにか現状を改善して頂けるように願うばかりです。

東武パンダ

クリックで拡大tobupan02.jpgtobupan03.jpgtobupan04.jpgtobupan05.jpgtobupan06.jpgtobupan07.jpgtobupan08.jpgtobupan09.jpg■ 全9枚
前回の訪園では暑くもなくジェンツーやキングペンギンが外に出ている気候にもかかわらず、パンダ達がガラス部屋のココロを除き内封(室内に入っていて見れない状態)されていることに驚きました。
いつもガラス部屋に展示されているココロは常同行動ばかりしていて、毛艶も悪く見ているのが辛くなります。

閉園間際のお部屋掃除の時にはほんの数分ですが(掃除している間)放飼場に出されるので、チヒロを含め赤ちゃん以外のパンダ達を見ることが出来ます。
チヒロは相変わらず美しいのですがなんだか所帯やつれした感じ ^^;
出産育児で毛並みが悪くなっちゃっているのかな?
栄養のつくものをたくさんもらってね。

ココロは二歳と若いパンダなのに毛艶も毛並みもボロボロ。
本当に悲しい(;_;)

一方、ガラス部屋での展示もなく内封されている父と息子は不思議なほどに毛艶が良い。
は相変わらず人懐こく好奇心も旺盛に寄ってきてくれたし♪

▼続き

心尽くし+α

クリックで拡大sotokokoro02.jpgsotokokoro03.jpgsotokokoro04.jpgsotokokoro05.jpgsotokokoro06.jpgsotokokoro07.jpgsotokokoro08.jpgsotokokoro09.jpgsotokokoro10.jpgsotokokoro11.jpgsotokokoro12.jpgsotokokoro13.jpgsotokokoro14.jpgsotokokoro15.jpgsotokokoro16.jpgsotokokoro17.jpgsotokokoro18.jpgsotokokoro19.jpgsotokokoro20.jpgsotokokoro21.jpgsotokokoro22.jpgsotokokoro23.jpgsotokokoro24.jpgsotokokoro25.jpgsotokokoro26.jpgsotokokoro27.jpgsotokokoro28.jpgsotokokoro29.jpgsotokokoro30.jpgsotokokoro31.jpgsotokokoro32.jpgsotokokoro33.jpgsotokokoro34.jpg■ 全34枚
開園と同時にゲートをくぐり、一目散にレッサーパンダ舎を目指します。
着いた時には我々以外、人っ子一人いません。
そんな私達が怪しかったのか久々の長時間のお外で戸惑っていたのか、警戒しているようなココロの姿が樹の上に見えます。

「悪い事しないよ~~っ! 降りておいで~っ♪」(ただし、張り付くけどね (^0^;;)と声を掛け、ココロが樹から降りてくるのを待ちました。
少しして様子を見つつ降りてきて笹を食べ始めましたが、まだ警戒は解いていないようです。
そして、風でガサガサと音を立てて笹が動くと、驚いて樹の上に駆け上がるココロです。
やはり久々のお外で緊張し戸惑っていたのですね。

それでも子供の好奇心はたいしたモノです。
スズメを眺めたり、放飼場を散策しているうちにテンションが上がってきたのでしょう。
爆速で放飼場を何周も駆けめぐります。
そのお顔の楽しそうな事、見ている私達もとても幸せになります(^^)

ただ、以前も書きましたが(室内展示でのグルーミング過多による)毛並みの悪さ(ハゲ)が気になります。
老齢のレッサーパンダの脚の毛が擦れて薄くなっているように、若いココロの脚の毛も内・外ともに薄くなっていますし、肩や腰、脚の付け根やシッポの付け根など毛がまだらにむしられています。

それと、お堀は極々浅く水が張られているのですが滑り止めの木がだいぶ朽ちてきています。
留めてあるネジもゆるんだり外れたりしているので、かえって危険なのではないでしょうか?

▼続き

海のラブアタック

クリックで拡大umikoi02.jpgumikoi03.jpgumikoi04.jpgumikoi05.jpgumikoi06.jpgumikoi07.jpg■ 全7枚
ココロとチヒロの二つ並んだお尻の匂いを嗅いでいた
馬のようにいなないたと思ったらココロにラブアタック(!_!)
自分でも間違いに気が付いたのかあわててチヒロにアタックし直し ^^;
でも、チヒロにはその気がなく拒否られてしまうのです。

その後も何度も何度もアタックを繰り返すものの、どうもタイミングが悪くてふられてばかりのでした。
ガンバレよ~~~っ!

チヒロの子育て

クリックで拡大cocochi02.jpgcocochi03.jpgcocochi04.jpgcocochi05.jpgcocochi06.jpgcocochi07.jpgcocochi08.jpgcocochi09.jpgcocochi10.jpgcocochi11.jpgcocochi12.jpgcocochi13.jpgcocochi14.jpgcocochi15.jpgcocochi16.jpgcocochi17.jpgcocochi18.jpgcocochi19.jpgcocochi20.jpgcocochi21.jpgcocochi22.jpgcocochi23.jpgcocochi24.jpgcocochi25.jpgcocochi26.jpgcocochi27.jpgcocochi28.jpg■ 全28枚
赤ちゃんのココロもママのチヒロと一緒に放飼場に出るようになりました。
お部屋の中とは違い危険もあるお外での母子は…?

一人っ子なので遊ぶ相手がいないが木登り上手になっていたココロ。
登るのも降りるのも危なげない。
そんなココロがどんなに高くまで登っても制止する素振りも見せないチヒロ。

ココロは常にチヒロを目で追い、姿が見えなくなると不安になるのか「ピィー」と鳴く。
ココロが鳴けばそばに駆け上るチヒロ。
ついでに心ゆくまでグルーミングも施す。 (ココロが押されて落ちそうになる場面もあったけど ^^;)

お堀近くの出入り口に入ったり、お堀に降りたりしなければココロの好きなようにさせているチヒロ。
お堀のそばの入口は危険だと判断しているのか、ここに入ると引きずり出そうとする。
何度か引きずり出したものの、それでも繰り返し入ってしまうココロ。

そしていつの間にかお堀に降りると、チヒロが駆けつけ引きずり上げる。
咥えて運ぶにはもう重たいけど、ガシッと掴んで咥えて引きずり上げた。

しばらく、木登りしたり興味を持ったモノで遊んでいたココロだがまたお堀に降りた。
すると今度は咥えずにツンツン突いて上に上がる事を促すチヒロ。

三度目のお堀では「ピイィーーーーッ」と鳴き、「こっちに来なさいっ!」と呼んでいるようでした。
その声を聞きお堀から上がるココロ。

そして四度目、チラチラ見ながら気にしているものの引き上げにも来ない、呼びもしないチヒロ。
ママが来ないで不安になったのかココロの方が小さく「ピィ」と鳴いて、自ら上がっていきました。

▼続き

跳ね飛び遊ぶ

クリックで拡大jumpb02.jpgjumpb03.jpgjumpb04.jpgjumpb05.jpgjumpb06.jpgjumpb07.jpgjumpb08.jpgjumpb09.jpgjumpb10.jpgjumpb11.jpgjumpb12.jpgjumpb13.jpgjumpb14.jpgjumpb15.jpgjumpb16.jpgjumpb17.jpgjumpb18.jpgjumpb19.jpgjumpb20.jpgjumpb21.jpg■ 全21枚
公開式は好天に恵まれ人も多かったので赤ちゃんをじっくりと見る事ができませんでしたので、年末までにもう一度逢いに行きたいと思っていたのです。
命名式だとまた人が多いだろうからと日にちを前倒しして、東武Zooに出掛ける事にしました。
当日、出掛ける時に雨が降り出し迷ったのですが逆にラッキーかもとお出掛け。
やはり雨降りの冬とあっては人出は少なく、オマケに光は射さない超曇天なれど雨は上がってくれたのです。
お陰でた~~~っぷりと赤ちゃんを満喫する事が出来ました(^^)v

さて、赤ちゃんの様子ですが、陸や彩とは違い一人っ子なのでおっとりさんに育つかなと思ったら…
と~~~~んでもないっ、お転婆ちゃんでした (^0^;;

レッサーパンダの展示室前に到着し、赤ちゃんに目をやると巣箱の上にいました。
そして、巣箱の上からこちら目がけてジャーーンプ!
当然、ガラスがありますので頭をゴッチン。
(イブの日にココロと命名されたので、これ以降は赤ちゃんの事をココロと記載します)

母親のチヒロがガラスの縁をよく歩くので、ココロもそのマネをしているのでしょうか?
巣箱の上から、切り株の上から、縁目がけてジャンプしてくるのです。
でも、ジャンプしてでは縁には登れません。
ゴッチンころころと床に何度も転げていました。
結局、近くまで歩いてきて懸垂のようにして縁に登るココロでした。

縁に乗ると旺盛な好奇心からかカメラに見入ったり、手を見たり、たっぷりとその可愛いお顔を見せてくれました(〃∇〃)


▼続き

    [Page Top]   TOTAL Pages 1  [Home]    


Appendix

インフォメーション

最近の記事

petit pandaについて

RSS Reader



タグリスト

登録数の多い順になっています

タグクラウド


チヒロ >


個体紹介

市川Zoo

カツオ シーンファ ハオ
ミンファ メイファ 天天
ナミ ライチ リンタ
次郎 鈴鈴 健健

江戸川Zoo
ブナ ユウユウ 琥太郎
サン


埼玉Zoo
マグロ ポリン トロ
ララ タケ ノコ
ココ ナツ テッカ
マキ


月別アーカイブ

 

ブログ内検索

カウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。