Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋の季節 その1

クリックで拡大pandalove02.jpgpandalove03.jpgpandalove04.jpgpandalove05.jpgpandalove06.jpgpandalove07.jpgpandalove08.jpgpandalove09.jpgpandalove10.jpgpandalove11.jpgpandalove12.jpgpandalove13.jpgpandalove14.jpgpandalove15.jpgpandalove16.jpg■ 全16枚
恋の季節まっただ中のレッサーパンダ達。
今回は恋の成就組をお送りします。

東武動物公園から野毛山動物園へ移動した海。
バックヤード暮らしが長く体力の低下が懸念されましたが、そんな心配をよそに活発に動き回っていました。
木登りが危なっかしく見えるのは運動不足のせいではなく、海が小柄(身長が低い)で四肢が短いからだと思います。
東武時代も子供のパンダと間違われる事も多く、息子の陸と木登り競争をしては負けていましたから ^^;

さて、野毛山で一頭で出ている間は緊張のためか、たっぷりと付けられた笹も食べませんでした。
リンゴタイムは手渡しに慣れていないとの事で、カグヤと交代に。
(以前の海はとても人慣れしたレッサーパンダだったハズなのですが…)

リンゴタイムの後、キンタと二頭展示に。
ラブアタックするには腹ごしらえと思ったのか、急に笹をムシャムシャと勢い良く食べ出す海。
食べ終わるとキンタのところにご機嫌伺いに。

キンタのお眼鏡にかなったのか海の前ではシャナリシャナリとおしとやかにしているキンタ。
こんなキンタは今まで見た記憶がないっ!

その気があると見るや、猛烈なラブアタック開始。
こうして恋を成就させた海なのでありました♪

おしとやかにしているのも限界だったのか、交尾が終わると海を追いかけ回しバトルするキンタもそれらしくて良かったですよ(^m^)
それにしても海は超美人のチヒロから可愛こちゃんタイプのカグヤとお嫁さんに恵まれた男だねぇ。
スポンサーサイト

▼続き

夏の楽しみ方?

クリックで拡大sotopanda02.jpgsotopanda03.jpgsotopanda04.jpgsotopanda05.jpgsotopanda06.jpgsotopanda07.jpgsotopanda08.jpgsotopanda09.jpgsotopanda10.jpgsotopanda11.jpgsotopanda12.jpgsotopanda13.jpgsotopanda14.jpgsotopanda15.jpgsotopanda16.jpgsotopanda17.jpgsotopanda18.jpgsotopanda19.jpgsotopanda20.jpgsotopanda21.jpgsotopanda22.jpgsotopanda23.jpgsotopanda24.jpgsotopanda25.jpgsotopanda26.jpgsotopanda27.jpgsotopanda28.jpgsotopanda29.jpgsotopanda30.jpgsotopanda31.jpgsotopanda32.jpgsotopanda33.jpgsotopanda34.jpgsotopanda35.jpgsotopanda36.jpgsotopanda37.jpgsotopanda38.jpgsotopanda39.jpgsotopanda40.jpg■ 全40枚
暑さに弱いレッサーパンダは夏には体調を崩しやすいので、室内のみの展示(あるいは非展示)か放飼場とバックヤードの出入りを自由にしているところがほとんどになります。
タレていても眠っていても、お外でその姿を見る事が出来るだけでありがたいですよね。

とは言え、活発なところが見られたらそれはそれで嬉しいファン心理。
関東圏で夏に(レッサーパンダを見るのに)お勧めの動物園ベスト3行ってみよ~っ!

まずは多摩動物公園。
ここは大放飼場で四頭のレッサーパンダを見る事が出来ます。 (室内展示や小放飼場もあります)
樹になっているかのようにレッサーパンダがタレていたり、岩陰に隠れてみたり、放飼場を闊歩したり…
今年から室内と出入り自由になったのですが、その事がブーブーにとってはかなり良かったようで例年よりもお外で動き回る事が多くなりました。
やはり室内で体を冷やせるのが良いみたいですね。

四頭を一度の見るにはやはり、リンゴ・タイムがお勧め。
まれにアジサイが樹から降りてこない事もありますが…

次に千葉市動物公園。
夏の放飼場は風太とユウタが日替わりで使っているようです。
暑さにとても弱い風美はしばらくの間、室内展示(中庭には出られる)のみのようで。

風太が一番暑さに強いのですが、ズバリお勧めはユウタの時。
若くて行動がオモローなユウタが出ていると楽しさ倍増です。
気温によっては室内で涼む時間も長くなりますが、お外にいる時のユウタはホントに面白いですよ。
リンゴ・タイムならユウタを見損ねる事はありませんしお勧めなのですが、敢えてその時間外で見るとオモロー行動が見られます。
さぁ、いつを狙いましょうか?

やっぱりここが一番か、市川市動植物園。
現在は綺麗どころの二頭が育児中で非展示ですが、とにかく頭数が多いので何処かの獣舎で外に出ているところを見る事が出来ると思います。

1号舎は風通しが良く樹が大きな日陰を作ってくれている時には、悪ガキトリオ三頭のバトルも見れちゃいます♪
疲れたらお部屋で爆睡もしちゃいますが、とにかく良く遊び良く眠る元気な三頭です。
特にハオは暑さに比較的強いのか積極的に外に出る事が多く、バトる他にも独り遊びしたり、木登りしたり遊ぶ時間が長いです。

最長老の健健も暑いのに外でタレてみたり、お散歩も日課のようで元気な姿を見る事が出来ます。
でも、お部屋に入るまで心配でもあるので、ちゃんと部屋に帰って休んでいるかチェックしちゃうんですけどね ^^;

個人的に特筆すべきは4号舎にいるメイファ
ここは日当たりも良く、見ている方も汗だくになる辛い場所なのですが…
若さゆえか遊び好きなのか、勝手に自分でスイッチ入れて暴れ回ったりするんですよぉ。
(私がスイッチ入れるのはサスガに涼しい日しか出来ません、体調心配ですもんね)

メイファは室内で涼んでは出てきて一暴れ。
そして、また涼みまた一暴れを何回も繰り返す事も少なくありません。
(思わず「メイちゃ、こっちは日陰もなくてお日様浴び放題で参った、お休みさせて」とこちらが根を上げ休憩に行く事もありました)

ただ、気まぐれなお嬢さんなのでその時の気分次第ですね ^^;

この日は他の来園者の方からも「スゴク活発ですよねぇ♪」と言われるほど弾けまくっていたメイファ
しばし、レッサーパンダ話に花を咲かせ立ち話していると『私を見なさいよ~~っ! かまってよ~~っ!』と言わんばかりにまた暴れまくってました(笑)

もちろんあまりに暑すぎる日は何処のレッサーパンダもお外に出ている時間が極端に減り、その姿を見る事が出来ないかもしれませんが、そんな日は人間にも暑くて辛い日なんだからゆっくりと休みましょう♪

番外編として穴場は江戸川区自然動物園。
ここには真夏の営業部長とも言えるブナがいます。
とにかく暑い日でもその姿を見ない事はなかったのでした。

※ レッサーパンダが多頭数いて、若いコがいるところがやはり活発ですよね。
でも、この夏は我々も少しお休みして、レッサーパンダの秋を満喫するのが一番良いのかもしれませんね。

大人の男のアプローチ

クリックで拡大approach02.jpgapproach03.jpgapproach04.jpg■ 全4枚
繁殖雄がブーブーだけになってしまったので、カグヤ花花(ファンファン)両方の恋のお相手を務めなければなりません。
勝ち気なカグヤ、そして少し神経質な花花と見た目だけでなく性格の違う二頭に対するブーブーは…

雪の放飼場でも紹介しましたがカグヤはかなりブーブーの事を意識しているようです。
ブーブーカグヤの前や横、そして後ろと近くを通り自分をアピールしているみたい。
そんなブーブーに対して威嚇する事もないカグヤ、結構上手く行きそう?

花花もブーブーの事を意識しているのは間違いないと思うのですが、神経質な分、間近に来られるのは嫌がるかと思っていたら…
ブーブー自身がそれを意識しているかいないかは判りませんが、カグヤに対する時とは明らかに距離感が違います。
少し距離をとって間近をうろつく事はしていませんでした。
それでもさりげなく花花から見えるところにいて、自分のアピールには抜かりがないみたい♪

子供の相手ばかりしていたブーブーですが(ヒマワリがいた頃に発情期にお尻の匂いを嗅いでいたと言うお話も聞いているので)、雄としての能力にも問題ないものと思います。
ブーブーの手腕(?)に期待しつつ、静かに見守りたいですね。

雪の放飼場

クリックで拡大snowpan02.jpgsnowpan03.jpgsnowpan04.jpgsnowpan05.jpgsnowpan06.jpgsnowpan07.jpgsnowpan08.jpgsnowpan09.jpgsnowpan10.jpgsnowpan11.jpgsnowpan12.jpgsnowpan13.jpgsnowpan14.jpgsnowpan15.jpgsnowpan16.jpgsnowpan17.jpgsnowpan18.jpgsnowpan19.jpgsnowpan20.jpgsnowpan21.jpgsnowpan22.jpgsnowpan23.jpgsnowpan24.jpgsnowpan25.jpgsnowpan26.jpgsnowpan27.jpgsnowpan28.jpgsnowpan29.jpgsnowpan30.jpgsnowpan31.jpgsnowpan32.jpgsnowpan33.jpgsnowpan34.jpgsnowpan35.jpgsnowpan36.jpgsnowpan37.jpgsnowpan38.jpgsnowpan39.jpgsnowpan40.jpgsnowpan41.jpgsnowpan42.jpgsnowpan43.jpgsnowpan44.jpgsnowpan45.jpgsnowpan46.jpgsnowpan47.jpgsnowpan48.jpgsnowpan49.jpgsnowpan50.jpgsnowpan51.jpgsnowpan52.jpgsnowpan53.jpgsnowpan54.jpgsnowpan55.jpgsnowpan56.jpgsnowpan57.jpgsnowpan58.jpgsnowpan59.jpgsnowpan60.jpg
■ 前編60枚
雪は昔から好きなんですが五年ほど日本海側の雪国で暮らした事があって、灰色の空と雪はあんまり好きじゃないのです。
(降っている時はほとんど灰色の方が多いよね)
なので、贅沢を言えば2~3日ぐらい雪が降り続いて積もり、その後の晴れの日に(青空で)時々雪が舞うってのが理想。
まぁ、そんなのは10年に一度あるかどうか…

2月3日は東京としてはかなり積もった方で4日は晴れの予想だったので、多摩Zooならば積もった雪が溶けずに青空バックで撮れるかなぁと思ったのだ。
(写真として見る分には降りしきってる時って画になるので好きよ。 撮りに行くのは辛いからヤだけど ^^;)
風景は青空バックになるけれど動物まで絡める事はほとんど出来ませんでした ^^;
でも、お日様浴びてキラキラはあったから良いかなぁ。

さて、こんなご託はさておきレッサーパンダ達の話をしましょう。
大放飼場には4頭のレッサーパンダ達。 (1月中に行けばブーブーも交え5頭で見れたのに…)
若いレッサーパンダだけなので放飼場を駆けめぐったり、バトルをしたりと大忙し。
それを撮る私も大忙し(笑)

それにしてもアジサイ(♂)・コタロウ(♀)とルンルン(♂)・メイメイ(♀)の兄妹達はどの子もそっくり。
現地で生で見ている分には個体識別つくけど、写真となるとチョット怪しい…
間違いがあったらご指摘下さいm(..)m

ついにブーブーの体重を抜いて多摩で一番大きなレッサーパンダになったアジサイ。
アジサイは積極的な性格で活発に動き回り、人懐こい。
アジサイに似ているがおっとりマイペースなコタロウ。
この2頭の見分けは比較的簡単かと思います。 (遠目が怪しいけど ^^;)

1歳下のちびっ子達はまだ産毛が残っているせいか、雨や雪で濡れるとより細くぼそぼその毛に見えるのでアジ・コタとの違いは判る。
ルンルンは飼育係さんからもお墨付きをもらったほど淡淡に生き写し。
そして頬のところの毛がバトルで少し抜けていて、非常に活発で人懐こい。
メイメイは目の下の白いラインがルンルンに比べて多く、コタロウ同様マイペース。
ルン・メイは横顔だと区別しづらくて困るのだ。

▼続き

多摩レッサーズ近況

クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大■ 全31枚

多摩の心優しき紳士ブーブーは今日も大放飼場を闊歩する。
いつもと違うのはその後ろをアジサイが着いて回る事。
活発で物怖じせず人懐こいアジサイはそのお転婆ぶりも相当なもの。
ブーブーに対しても遊んで攻撃が凄まじく…

今まで女の子に対しては手を出す事のなかったブーブーがアジサイに限っては近づいていき、「えっ、じゃれて遊ぶの?!」と思ったら何と何と大きな体を小さく丸めグルーミングをしてあげ出すのです。
実の父親だってやらないよねぇ、他人のブーブーがここまで面倒を見るとはビックリです(!_!)

コタロウの方はおっとりマイペース。
妹のアジサイとは遊ぶけど、ブーブーとは関わり合いたくないみたい。

おやつタイム間近、ドア前で待ちかまえるブーブーとアジサイ。
どちらも人前での食事や飼育係さんのそばに行く事など全然問題にしないタイプ。
コタロウは奥の岩場で様子を窺っていました。
(リンゴより笹の葉の方が好きなのもあり、この日はリンゴを食いっぱぐれ)
飼育係さんが立ち去ると一番奥の笹場で笹の葉を食べ出すコタロウでありました。

▼続き

    [Page Top]   TOTAL Pages 1  [Home]    


Appendix

インフォメーション

最近の記事

petit pandaについて

RSS Reader



タグリスト

登録数の多い順になっています

タグクラウド


ブーブー >


個体紹介

市川Zoo

カツオ シーンファ ハオ
ミンファ メイファ 天天
ナミ ライチ リンタ
次郎 鈴鈴 健健

江戸川Zoo
ブナ ユウユウ 琥太郎
サン


埼玉Zoo
マグロ ポリン トロ
ララ タケ ノコ
ココ ナツ テッカ
マキ


月別アーカイブ

 

ブログ内検索

カウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。