Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋の季節 その1

クリックで拡大pandalove02.jpgpandalove03.jpgpandalove04.jpgpandalove05.jpgpandalove06.jpgpandalove07.jpgpandalove08.jpgpandalove09.jpgpandalove10.jpgpandalove11.jpgpandalove12.jpgpandalove13.jpgpandalove14.jpgpandalove15.jpgpandalove16.jpg■ 全16枚
恋の季節まっただ中のレッサーパンダ達。
今回は恋の成就組をお送りします。

東武動物公園から野毛山動物園へ移動した海。
バックヤード暮らしが長く体力の低下が懸念されましたが、そんな心配をよそに活発に動き回っていました。
木登りが危なっかしく見えるのは運動不足のせいではなく、海が小柄(身長が低い)で四肢が短いからだと思います。
東武時代も子供のパンダと間違われる事も多く、息子の陸と木登り競争をしては負けていましたから ^^;

さて、野毛山で一頭で出ている間は緊張のためか、たっぷりと付けられた笹も食べませんでした。
リンゴタイムは手渡しに慣れていないとの事で、カグヤと交代に。
(以前の海はとても人慣れしたレッサーパンダだったハズなのですが…)

リンゴタイムの後、キンタと二頭展示に。
ラブアタックするには腹ごしらえと思ったのか、急に笹をムシャムシャと勢い良く食べ出す海。
食べ終わるとキンタのところにご機嫌伺いに。

キンタのお眼鏡にかなったのか海の前ではシャナリシャナリとおしとやかにしているキンタ。
こんなキンタは今まで見た記憶がないっ!

その気があると見るや、猛烈なラブアタック開始。
こうして恋を成就させた海なのでありました♪

おしとやかにしているのも限界だったのか、交尾が終わると海を追いかけ回しバトルするキンタもそれらしくて良かったですよ(^m^)
それにしても海は超美人のチヒロから可愛こちゃんタイプのカグヤとお嫁さんに恵まれた男だねぇ。
スポンサーサイト

▼続き

シーンファ:出逢い~別れ

クリックで拡大2004_02.jpg2004_03.jpg2004_04.jpg2004_05.jpg2004_06.jpg■ 2004年:全6枚
2003年、市川市動植物園にシーンファと言う可愛いレッサーパンダがいると知る。
逢いに行きたかったが関東から離れていた時期でもあり、また個人的に色々な事が重なっていたので動物園通いも出来なかった。

2004年10月10日、東京に舞い戻ってきてからやっと念願だった市川Zooへ。
とても大きな瞳でうわさ通りの可愛い子(〃∇〃)
オマケに私好みのお転婆さんでした、しかも凄いの…
同居していた♂の天天は4歳も年上なんだけど、シーンファに首根っこ掴まれて倒されたり、ヘッドロック掛けられたりとやられっぱなし (^0^;; ⇒ 一つ前のエントリーの動画参照

シーンファはやたらと人前に出てくるし、とても人懐こいなと思ったのでした。

▼続き

シーンファ:二歳の秋

初訪問の2004年10月から行った時には、必ずシーンファを撮っていた動画班から二歳の時のシーンファの姿をお届け。


★ シーンファ:2歳の秋 1


この頃は2号舎に天天と一緒に暮らしていたシーンファ。
笹を食べているシーンです。


★ シーンファ:2歳の秋 2


今も昔もお転婆娘なシーンファ。
天天(♂)にバトルをしかける事も多く、7割方はシーンファの勝ち(笑)


★ シーンファ:2歳の秋 3


キンモクセイの樹に登るシーンファ。
もうすぐ閉園だね。

男達の受難2

クリックで拡大2male02.jpg2male03.jpg2male04.jpg2male05.jpg2male06.jpg2male07.jpg2male08.jpg2male09.jpg2male10.jpg2male11.jpg2male12.jpg2male13.jpg2male14.jpg2male15.jpg2male16.jpg2male17.jpg2male18.jpg2male19.jpg2male20.jpg2male21.jpg2male22.jpg2male23.jpg■ 全23枚
リンゴタイムが近づくとそわそわし出す悪ガキ達。
食べるのが遅い順にリンタライチとリンゴをもらい、食べるのが一番早いハオは最後に大きめのカットをもらう。
どうした事かリンタがリンゴを一口囓っただけで、「いらない」と置いてしまった。
飼育係さんが手に持って直接口元まで運んでも食べない。

でも、体調が悪いとかではないのでご心配なく。
この日のリンゴは青リンゴであまり甘くないからリンタが好きじゃないらしいのだ。
その証拠に、青リンゴを残してもリンゴのおねだりをし続けるリンタでした。

リンタの残したリンゴは適当な大きさに割って、それをハオライチで食べちゃいましたよ。
ライチはそれほど積極的ではなかったけど、ハオは大慌てで大きい方のカケラを咥え獲られないよう逃げてました。
誰も獲らないちゅうに(笑)

ここ何回か通っている中でハオが一番、室内にいる時間が長く、放飼場にいる時間が短くなっています。
出ている間は誰よりも走り回りバトルしまくっているので、湿度が少なく爽やかだとは言えまだまだ気温が高いので、クールダウンするのは良い事ですよね。

さて、前回、問題がないと書いた健健ですが…
いつもうつむきがちなので気が付かなかったんですが、顎が大きく腫れています。
前回アップした画像もよく見れば顎の腫れに気が付きます。
腫れた重さからか舌が出っぱなしになっている健健
早く原因を突きとめてもらって治ると良いね。

▼続き

男達の受難

クリックで拡大male02.jpgmale03.jpgmale04.jpgmale05.jpgmale06.jpgmale07.jpgmale08.jpgmale09.jpgmale10.jpgmale11.jpgmale12.jpgmale13.jpgmale14.jpgmale15.jpgmale16.jpgmale17.jpgmale18.jpgmale19.jpgmale20.jpgmale21.jpgmale22.jpgmale23.jpgmale24.jpgmale25.jpgmale26.jpgmale27.jpgmale28.jpgmale29.jpg■ 全29枚
今年の夏はここ数年に比べると厳しすぎるほどの暑い日が少なくて楽だったなぁとつい思ってしまうのですが、人間と比べて体感温度が+10度のレッサーパンダにとっては厳しい暑さに違いありません。
加えて涼しい日があったり暑い日があったり気温差があるのも良くないようです。

どこの動物園でも夏になると食欲が落ちてしまうレッサーパンダ達。
元気に遊び回っている市川Zooの悪ガキ達も例外ではないようで…

リンタライチが交互に体調を崩し、その度に心配していました。
ハオだけはいつみても元気なので安心していたのですが、具合が悪くなってヘタりこむ事もあったようで。
暑い日でもかっ跳びまくりバトりまくるハオです。
上手く休憩を入れて体をクールダウンさせれば良いのですが、夢中になりすぎて体温上昇!クラクラ~っとなってしまったのでしょう。
今はまた、三頭とも元気に遊び回っていますが暑い日には程々にね (^-^A

▼続き

飼育体験 午後の部:その2

クリックで拡大taiken3g02.jpgtaiken3g03.jpgtaiken3g04.jpgtaiken3g05.jpgtaiken3g06.jpgtaiken3g07.jpgtaiken3g08.jpgtaiken3g09.jpgtaiken3g10.jpgtaiken3g11.jpgtaiken3g12.jpg■ 全12枚
【ササ取りと夕方の餌付け】
パンダレクチャーが終わり今度は笹を取りに行きます。 (時間が押してしまったので飼育係さんが切りに行きました)
今度は我々4人で切り出された竹の枝落とし。
固くてなかなか切れない私を見かねた飼育係さんが切るコツを教えてくれました。
どうにか1枝、2枝切れたもののやっぱり力が要ります。
ところがげろっぱさんがここで意外な能力を発揮!
スッパンスッパンどんどん切っていくんです、男のみねさんより速いのには超ビックリ。

切り落とした笹をまとめて笹のプールに持って行きます。
(私とりおさんは手ぶら ^^;)
取り立ての笹もやはり朝と同じようにお水に浸すんですよ。
そしてその笹を持ってそれぞれの獣舎へと分かれました。

レッサーパンダの寝室に笹がセットされると放飼場との出入りが自由となります。
速攻で笹を食べに来るレッサーパンダ達。
みずみずしくて新鮮な笹は美味しいかなぁ?

リンゴもなしに檻の外から近づくと鼻息の荒いカツオ
あの鼻息の音を録音すれば良かったなぁ、しまったっ(^-^A

餌を食べていない時は檻越しであれ、放飼場の中であれ、それぞれのレッサーパンダに近寄れる距離があるようです。
概ね、手が触れるか触れられないかまではOKで、触ろうとすると引き気味になる子が多い気がしました。
ただし、ハオ・ライチ・リンタの三頭は距離は0cmに近いみたい。
自分の方から近寄ってくる事も多いですからね。
この三頭の人懐こさは人工哺育のハオの影響もあるのかなぁ?

寝室の外からまた写真を撮ったり触れ合ったりして、アッという間に時間になってしまいました。

※ 撮りながら液晶モニタで確認した画像がたまたまブレてないものばかりだったので、あまり増感しなかったんですよぉ。
でも、やっぱりあの暗さではもう一段は増感しておけば良かったなぁ。
ブレブレ量産(/_;)

【作業終了】
管理事務所に戻り私服に着替えた後、パンダプレートが進呈されました。
8枚もあるみねさんのは重たそうですね。

そしてそれぞれ選ばれたプレートを持ち(みねさんは2枚だけ選んで)記念撮影をしてもらってレッサーパンダ一日飼育体験が終わりました。


【飼育体験を終えて】
最初は9:00~16:00なんてずいぶんと長時間だなぁと思いましたが、楽しい時間って過ぎるのが速いですね。
何だかアッと言うまで夢見てたみたい…

飼育体験の合間に何枚か写真を撮らせてもらえたり、あるいは写真撮影タイムが設けられている程度だと思っていたのですが、ほとんど撮影フリー。
触れ合って餌をあげて、写真を撮ってとやりたい事を目一杯やらせてもらって大感激\(^o^)/

素敵な企画を考え実行して下さった市川市動植物園のみなさま本当にありがとうございましたm(..)m
感謝・感謝、そして感激です♪

▼続き

飼育体験 午後の部:その1

【エサやり】
お昼が終わり、13:00から午後の部の始まりです。
今度は1号舎と2号舎、体験場所を交代して。
午前中にげろっぱさんとみねさんの体験の様子を見てしまったので、私たちの頭の中はリンゴでいっぱい(笑)
リンゴ・リンゴ・リンゴ~~~~っ!
リンゴあげたぁ~~~いっ!! あげるんだいっ!


クリックで拡大taiken2g02.jpgtaiken2g03.jpgtaiken2g04.jpgtaiken2g05.jpgtaiken2g06.jpgtaiken2g07.jpgtaiken2g08.jpgtaiken2g09.jpgtaiken2g10.jpgtaiken2g11.jpgtaiken2g12.jpgtaiken2g13.jpgtaiken2g14.jpgtaiken2g15.jpgtaiken2g16.jpgtaiken2g17.jpgtaiken2g18.jpgtaiken2g19.jpgtaiken2g20.jpgtaiken2g21.jpgtaiken2g22.jpgtaiken2g23.jpgtaiken2g24.jpgtaiken2g25.jpgtaiken2g26.jpgtaiken2g27.jpgtaiken2g28.jpgtaiken2g29.jpgtaiken2g30.jpgtaiken2g31.jpg■ 全31枚
裏に入るとガラス越しにカツオが熱い視線を送ってきます。
放飼場に入るとパッと飛び退いたので知らない人なのでビビッタのかと思ったけど、指定のいつもの台の上でリンゴを受け取ったカツオでした。
そして夢中になって1/4カットのリンゴを食べているところをすぐそばで激写♪
やっぱりいつもの犬食いでした(笑)

そんな時、背後から痛いほどの視線を感じました。
隣の悪ガキトリオが金網に張り付いて「俺たちにもリンゴを~~っ!」と見ています。
あんたら、朝にリンゴを貰ったんでしょっ!
(いや、もちろんあげたいんですよ)

それにしても間近(飼育係さんの目線)で見るレッサーパンダって格別に可愛いのです(〃∇〃)
来園者として見ていてももちろん可愛いのですが、可愛さがもの凄くアップして見えます。
めくれた金網に顔を突っ込んでこちらを見ているライチもとっても可愛いでしょう♪

しかし、金網はめくったのかめくれたのか?
いずれにせよカツオとのバトルに使われなきゃ良いけど…

次はりおさんのダーリン(?)天天にりおさんの手からリンゴをあげる番です。
紳士的でおっとり風の天天もリンゴを貰う時はがっついてますねぇ(笑)
ソフトに受け取るカツオと普段の性格が入れ替わってしまったようです。
所定の位置に持って行くまでに落としてしまって、拾い直す天天
うま~な顔の向こう側には来園者達。

そしてそして…
既に朝、リンゴを貰ってしまった悪ガキトリオ達ですが私たちからのお願い&おねだりにより薄くスライスしたリンゴをあげる事に♪
(だって赤ちゃんの頃からの紆余曲折を見ているだけに、特にハオへの思い入れが強いんだもん)
猛烈なリンゴあげたい攻撃(口撃)をした私たち(笑)
「朝食べたからもう食べないかもよ」なんて飼育係さんにからかわれてしまいましたが、あれだけ檻に張り付いているあの子達が食べない訳はありませんっ!
悪ガキトリオの方はクレクレ攻撃が凄まじいのです(爆)

特にハオは人工哺育で人を恐れないせいかズンズン体に登ってきます。
もう少しでKiss出来るところまで登ってきましたが、理性で堪えましたよ (^0^;;

出入り口付近でリンゴをあげながら写真を撮っていると檻の外から子どもたちの声。
「何を食べてるの~?」の問いに「リンゴだよ~」と答えると、今度は「こっちに連れてきて」とお願いされちゃいました。
もう、リンゴのスライスは残っていなかったのですが前の方に歩いていくと釣られて付いてくる悪ガキ達。
子どもたちに喜ばれてちょっと良い気分♪
それにしてもリンゴの威力ってスゴイわ~~っ(^m^)

そして本物の飼育係さんが現れると三頭揃い踏み。
向こう側ではカツオが覗いてます。

檻越しに潤んだ瞳で「ワシにもリンゴを!」と見つめる健健にもリンゴをあげたくなりましたが、ご長寿さんは食べ過ぎも禁物、適量が肝心なのですよね。
健健ごめんねと心で詫びて獣舎を後にするのでした。

30分間のリンゴタイムはアッという間に終わってしまいました。
でも、触りまくり撫でまくりも出来たし、幸せ~~っ♪



▼続き

    [Page Top]   TOTAL Pages 2  [Home]    »


Appendix

インフォメーション

最近の記事

petit pandaについて

RSS Reader



タグリスト

登録数の多い順になっています

タグクラウド


天天 >


個体紹介

市川Zoo

カツオ シーンファ ハオ
ミンファ メイファ 天天
ナミ ライチ リンタ
次郎 鈴鈴 健健

江戸川Zoo
ブナ ユウユウ 琥太郎
サン


埼玉Zoo
マグロ ポリン トロ
ララ タケ ノコ
ココ ナツ テッカ
マキ


月別アーカイブ

 

ブログ内検索

カウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。