Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稀なるパンダ

クリックで拡大katuo02.jpgkatuo03.jpgkatuo04.jpgkatuo05.jpgkatuo06.jpgkatuo07.jpgkatuo08.jpgkatuo09.jpgkatuo10.jpgkatuo11.jpgkatuo12.jpgkatuo13.jpgkatuo14.jpgkatuo15.jpgkatuo16.jpgkatuo17.jpgkatuo18.jpgkatuo19.jpgkatuo20.jpgkatuo21.jpgkatuo22.jpgkatuo23.jpgkatuo24.jpgkatuo25.jpgkatuo26.jpgkatuo27.jpgkatuo28.jpgkatuo29.jpgkatuo30.jpgkatuo31.jpgkatuo32.jpgkatuo33.jpgkatuo34.jpgkatuo35.jpgkatuo36.jpgkatuo37.jpgkatuo38.jpgkatuo39.jpgkatuo40.jpgkatuo41.jpgkatuo42.jpgkatuo43.jpgkatuo44.jpgkatuo45.jpgkatuo46.jpgkatuo47.jpgkatuo48.jpgkatuo49.jpgkatuo50.jpgkatuo51.jpgkatuo52.jpgkatuo53.jpgkatuo54.jpgkatuo55.jpgkatuo56.jpgkatuo57.jpgkatuo58.jpgkatuo59.jpgkatuo60.jpgkatuo61.jpgkatuo62.jpgkatuo63.jpgkatuo64.jpgkatuo65.jpgkatuo66.jpgkatuo67.jpgkatuo68.jpgkatuo69.jpgkatuo70.jpg■ 全70枚
多摩動物公園で産まれ、市川で育ち、夢見で幕を下ろしたカツオ。
可愛いと言われるレッサーパンダは多いけれど、カッコ良いと言えるレッサーパンダはそうはいない。
カツオはカッコ良いレッサーパンダの代表格でした。

私が知る限りの範囲でカツオの事を出来るだけ正しく皆さんにお伝えしたいと思います。

2002/07/02 多摩市動物公園で父:淡淡 × 母:イクラの間にマグロ共に誕生。
(イクラが西山動物園に所有権があった為、産まれた仔のうち一頭=カツオが西山所有となった)

カツオ・マグロ兄弟が誕生した頃、私は関東を離れていたので多摩でのカツオを知りません。
マグロは埼玉移動前に多摩で逢えた)

東京ズーネットBB:レッサーパンダ】で当時の状況を知るのみです。
最初に歩いてきたのがマグロ、飼育係さんが入ってきて笹を付けると茂みから出てきてパクパクと食べ出すのがカツオ。
放飼場の奥の方でブーブーと一緒に笹を食べているのはマグロです。
(良く似た兄弟ですがマグロの方が気持ち奥目な事とカツオは指の毛を梳く癖があり手が白っぽく見える事から判別しました)

2003/6/18 市川市動植物園へ移動 多摩で暮らしたのは11ヶ月16日(351日)。
1号舎(小さい方)で初めてカツオに逢う。
まるで番犬のようなお座り姿、また、お立ち台でよく立ち上がったそうだが時代が早かったのか来園者から恐がられる事もあったようです。

繁殖の為、2号舎へと移動する。
隣の獣舎に天天とシーンファ・ペアがいた。(シーンファはカツオとペアリング前に天天と試みられた)
一目見てシーンファを気に入ったのかカツオの猛アピール。
天天の手に怪我を負わせるほど天天へのライバル視はスゴかった。

思いが叶って(?)と言うか本来の予定通りシーンファとペアリング。
シーンファもカツオが気に入ったようで檻越しに仲の良い姿が観察される。

2005/06/14 ペアリングに成功しカツオ 2歳11ヶ月12日で父となる。
三つ子が誕生したがシーンファの母乳が足りず二頭が相次いで亡くなり、残り一頭も衰弱していたが人工哺育に切り替え無事成長する(これがハオ)。

2006/06/23 同じくシーンファとの間に双子(ミンファ・メイファ)誕生。 この時、カツオ 3歳11ヶ月21日。
子供であってもシーンファを奪うライバルなのか檻越しにメイファの手を噛んだり、落とそうとする事が度々あり亀甲網が張られるなど対策される。

1号舎へシーンファ母娘が移り、ハオ・ライチ・リンタ(通称悪ガキトリオ)が隣の獣舎にやって来る。
カツオへの挑発行為を繰り返しカツオも対抗するが檻に飛びついた際に勢い余って(軽い)怪我を負うなどあったが退屈せずに適度な良い刺激のようにも感じた。

悪ガキトリオが1号舎へ移り、再び隣にシーンファが戻って来る。
相変わらずのラブラブっぷり。
シーンファが産休に入った頃、カツオの体調に異変が…
涙目と膿、投薬による影響で食欲不振など。
(息子のハオも涙目と膿に悩まされ、またカツオの父の淡淡、親戚のノン、ノアなども膿が出来た事があり膿みやすい家系か?)

2008/06/21 シーンファとの間に双子(レン・ルル)誕生。 この時、カツオ 5歳11ヶ月19日。
育児の息抜きや赤ちゃん公開の練習にシーンファが出てくるととたんにテンションの上がるカツオ。
嬉しさのあまりか調子に乗りすぎ、檻越しにシーンファの頭をペシペシしてしまい相手にされなくなる事もあった (^0^;;

赤ちゃんの公開が始まる頃になるとカツオの体調も次第に良くなり傷も癒えかけた。
そんな時(2008/10/05)シーンファの急死。
カツオの体調の変化など心配された。
今まで自分の子供であってもライバル視していたカツオだがレンとルルがカツオ側の檻を登っていても攻撃することなく匂いを嗅いだり、レンルルが室内に入ると後を追って自分も室内に入るなどしていた。
シーンファの匂いが残っていたのか、子どもたちに癒されていたようにも思う。

カツオの体調もすっかり戻った頃、移動の話が決まる。
2009/01/26 夢見ヶ崎動物公園へ移動 市川で暮らしたのは5年7ヶ月8日(2048日)。

カツオが明明のお眼鏡に適わなかったのか度々、暴力を振るわれる。(私が行った時は毎回)
それともただ単に明明が粗暴な性格だったのか…
それでも自分の役目を果たそうとするカツオ。

移動や明明との関係などのストレスからか歯周病に罹ったカツオ。
不当で不名誉なニュースも流れる。

抜歯後の笹を食べる姿は老パンダのようだった…
それでも一時は良い方向に向かいかけたが何度目かの訪園の際に素人目に見てもまた悪化しているのが見て取れた。

その後、再度の非展示&治療。
体重が3kg台に落ちるなど伝え聞いたが持ち治す。

が…
2010/11/30 死亡 夢見ヶ崎で暮らしたのは1年10ヶ月4日(673日)。

※ 一部、日付のコピペ・ミスがあったので訂正しましたm(..)m 日数計算は正しいものが掲載されていましたのでそのまま。
スポンサーサイト

▼続き

行ってらっしゃい(=^0^=)/

クリックで拡大byebyeren02.jpgbyebyeren03.jpgbyebyeren04.jpgbyebyeren05.jpgbyebyeren06.jpgbyebyeren07.jpg■ 全7枚

キラキラ輝く瞳で幼い頃からとても可愛かったレン。(瞳が大きいので眩しいのかよく目を細めたり般若顔したりもしたけど ^^;)
運動神経バツグンで活発だけどちょっと臆病で神経質なところもある男の子、それがレン

早くに母親が亡くなったせいか兄妹のルルが姉であり母であり友だちでもあった。
いつも二頭一緒だったレンルル

そんな二頭にも別れは訪れます。
レンが11月17日に大牟田市動物園へ婿入りする事となり、市川で逢える最後の日も多くのファンが集まりました。
普段とは違う様子にレンは感づいていたのか、いないのか…?

レンよりもルルが何やら感じ取っていたようです。
あれだけ大らかで動じないルルがブドウはともかくペレットまで食べずじまい。
レンが旅立ってからのルルの様子も見に行かなくちゃね。

大牟田Zooの担当さんはレンの移動が決まってから何度も市川を訪れているそうです。
熱心な方だと聞いているのでレンもきっと早く慣れると思います。

姉さん女房の空ちゃんと仲良く出来ると良いなぁ。
そして、出来れば赤ちゃんも…

まずは大牟田の広い放飼場をのびのびと駆けめぐるレンの姿を見てみたい(どなたかお知らせ下さい)ですね。


▼続き

恋の行方

クリックで拡大panmemo02.jpgpanmemo03.jpgpanmemo04.jpgpanmemo05.jpgpanmemo06.jpgpanmemo07.jpgpanmemo08.jpgpanmemo09.jpgpanmemo10.jpgpanmemo11.jpgpanmemo12.jpg■ 全12枚
本来ならば園別にエントリーしようと思っていたのですが、目の調子が悪かったりしてPCを触る時間を制限しているので画像整理など追いつきません。
そこでメモ的なエントリーになってしまいますが4園をまとめて、ざっくりとアップします。
(去年末のパンダ紀行もまだアップし終わってないし ^^;)

まずは多摩Zooの恋模様から。
今年は花花もブーブーもお休みで、カグヤとシンシンに期待が掛かっていました。
カグヤとシンシンがペアリングしている頃、ルンルンは中央展示室に。
赤ちゃんの頃から人懐こかったけど、大きくなっても相変わらず♪

ペアの様子はと言うと…
シンシンに覇気がない! 食事の時以外は木の上で丸まって、カグヤに迫る様子なし。
(と言うよりも♀へのアプローチの仕方が判っていないようでした)
カグヤも寝てばかりだし、こりゃ期待薄だぞ (-"-;)

そうしているうちに何とルンルンに白羽の矢がっ!!
カグヤとペアリングし中放飼場に移動した事を知りました。
まだ、ちょっと早いかもしれないけれど、物怖じしないルンルンなら良いかも~♪

私が訪れた時には発情期も終盤で比較的おとなしくなっていたものの、カグヤをストーキングしたりアタックするルンルンの姿が見れました。
経験のない分、情熱と体力で恋を実らせるのだっ!

カグヤに迫りつつも何処にいても人懐こいルンルンはガラスの前にも張り付き。
人と遊ぶのも相変わらず好きだね(^^)

次は羽村Zoo。
ペアリングしているのは例年通りにリンリンとメイメイなんですが、これまた例年通りにま~ったくやる気なしのメイメイ。
私は以前からノンとリンリンをペアリングさせれば良いのにと思っていました。

リンリンも放飼場に出るようになって、ケージ越しにノンを見つめます。
何度か訪れたのですがノンに興味津々だし恋鳴きも繰り返していました。
(リンリンはメイメイには興味を見せていなかった)
ノンノ方もその気ありだし、このチャンスを逃したのは大きいぞ。
リンリンの年齢も考えると来年こそはノンとのペアリングを実現させてくれる事を願っています。

▼続き

    [Page Top]   TOTAL Pages 1  [Home]    


Appendix

インフォメーション

最近の記事

petit pandaについて

RSS Reader



タグリスト

登録数の多い順になっています

タグクラウド


市川市動植物園 >


個体紹介

市川Zoo

カツオ シーンファ ハオ
ミンファ メイファ 天天
ナミ ライチ リンタ
次郎 鈴鈴 健健

江戸川Zoo
ブナ ユウユウ 琥太郎
サン


埼玉Zoo
マグロ ポリン トロ
ララ タケ ノコ
ココ ナツ テッカ
マキ


月別アーカイブ

 

ブログ内検索

カウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。