Entries

気の良い海(ウミ)です

クリックで拡大umikun02.jpgumikun03.jpgumikun04.jpgumikun05.jpgumikun06.jpgumikun07.jpgumikun08.jpgumikun09.jpgumikun10.jpgumikun11.jpgumikun12.jpgumikun13.jpg■ 全13枚
野毛山動物園に移動し第一の任務(交尾)を遂行した

のげやま ふぉーしーずーん 春号が大々的に紹介されました。
その一部をご紹介。 (詳しくは動物園に行ってもらってきて見てね)

キンタさんより体の色もしっかりとした濃い栗色で、口の周りや耳の白い部分もはっきりとして、目鼻立ちの整ったとてもかわいい顔をしています。

イラストではイケメン!と書かれています。
個人的には美形と言うよりもファニーフェイスで愛嬌のあるお顔って思ってます。

ところがこのウミ君、その顔とは似ても似つかず、おっかないパンダなのです。小さな移動箱で野毛山にやってきたその時から、職員たちを驚かせました。箱の中を開けようとすると、ガウガウと怒りの声を出して扉の金網を噛みついたり、引っ掻いたりします。これまでの野毛山のパンダたちとは全く違った、攻撃性あふれるウミ君です。

 移動箱から寝室に出たウミ君は、網越しに職員を睨みつけます。ちょっと近寄りがたい感じで、まるで小さな猛獣です。

野毛山でも数多くのパンダを飼育してきましたが、こんなにおっかないパンダ君は初めてです。

あらら~っ、おっかないパンダって連発されちゃってますねぇ (^-^;;
は気の良いパンダで元々は人工哺育の個体と間違うほど人慣れしたパンダだったんですけどねぇ…

キンタに対しても気を遣ってか降りようとする通り道にキンタがいると遠慮して降りずに、キンタが移動するまで待ってたりするんですよ。
(ちょっと運動神経が鈍めな事もあって少し高いところから離れたところへ飛び降りたりが苦手なのも手伝っての事だと思いますが)

初対面の時には移動のストレスと極度の緊張状態でキンタのシッポを噛んじゃったけど、それ以降は威嚇する事もなく常にキンタに気を遣っているなのです。

ただ気性が穏やかで気だての良い人懐こいもここ2年ぐらいで、対人間に関しては様子が変わって来ちゃったのも事実。

私が思うには…
原因は内封されている事が多く(人目に触れない)、またパンダガイドでのリンゴの与え方の問題が気を荒くさせたのではと思っています。


東武動物公園のレッサーパンダ舎は放飼場と小さなガラス展示室の二ヵ所で、繁殖が上手くいっている事もあって展示できない個体が出てきてしまうのです。
赤ちゃん(子供)とお母さんのチヒロ主体の展示になりますので、どうしても他の個体にしわ寄せが来てしまいます。
時間交代やあるいは曜日での交代制が出来ないものか何度か提案してみたのですが「人手不足で出来ない」との回答でした。
(あるいは穏やかな♂なので家族で展示もありかなと思ったのですが、こちらもスタッフが観察できる時間がほとんどないので何か起きた時に対処できないのでNGだと)

狭いガラス展示室に大人になった息子のと二頭で展示されている事もありました。
(赤ちゃんの頃はお母さんとだけ暮らしていたのにもかかわらず)大人の♂同士なのにケンカもせずに仲良く過ごしている様子に、二頭ともとても穏やかな気性なんだなと感心したものです。

パンダガイドでは竿の先にリンゴを付けて与えています。
その事自体は他の園でも同じ方式のところもありますし、問題ではないと思うのですがガイドの話に合わせてパンダを動かすようにしている為か、どうしてもじらして与えるような感じになってしまうのです。

そして、東武では他園に比べて与えているエサ(特に笹)が少な目な事もあり、どの個体も常にお腹を空かせている状態。
そんな中でのリンゴはオヤツ程度のものではなくパンダ達にとっては主食と言えるのでしょう。
みんな必死です。
必死すぎて穏やかで気の良いでさえ「がるるっ! オレによこせっ!」という感じでリンゴを毟り取るシーンも見られました。

茶臼山動物園からやって来たばかりの頃のチヒロは、食べるのは今と変わらず大好きですが人懐こくマイペースな女の子でした。
そんなチヒロも様々な影響で気が荒く見える事もあります。

少し前の話になりますがバックヤードから物音が聞えた時の事、ドアに向かって待ちかまえていたチヒロが頭突き!!
中では成長が著しく遅れているの為の食事を用意していたのでしょうか、その物音に反応し早くリンゴをよこせとチヒロが待ちかまえています。
待ちきれなくてドアに頭突きするチヒロに超ビックリ\(◎o◎)/!
(一緒にいたパンダ・マニアの方も目撃しています)
う~んっ、これじゃぁ確かに恐くて放飼場に一緒に出てエサを与えられないのも判る気がする…
(でも、それは飼育の仕方でそうしちゃったんだけどね、パンダのせいじゃないよ)

ふぉーしーずん春号が執筆された時には『おっかないウミ君』だったかもしれませんが、今では飼育係さんから手渡しでリンゴを貰うようになりましたし元来の『気の良いウミ君』に戻った気がします。
だからチヒロも状況が変われば元のチヒロに戻るよね…
(今でも子どもたちには優しい良いママです)



東武動物公園でのレッサーパンダ・ガイドの様子です。
竿の先に付けたリンゴを与えながらレッサーパンダについてガイドを行っています。
幼い大地も必死。 母親のチヒロも必死!

後半はに特別食を与える際に外にいるチヒロにもおこぼれでリンゴが与えられたシーンです。
ドアを小さく開け、そこからリンゴが放り投げられました。

※ 頭突きシーンは動画班が撮り損ねましたm(..)m
    [Page Top]   TOTAL Pages   [Home]    


Appendix

インフォメーション

最近の記事

petit pandaについて

RSS Reader



タグリスト

登録数の多い順になっています

タグクラウド



個体紹介

市川Zoo

カツオ シーンファ ハオ
ミンファ メイファ 天天
ナミ ライチ リンタ
次郎 鈴鈴 健健

江戸川Zoo
ブナ ユウユウ 琥太郎
サン


埼玉Zoo
マグロ ポリン トロ
ララ タケ ノコ
ココ ナツ テッカ
マキ


月別アーカイブ

 

ブログ内検索

カウンター