Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稀なるパンダ

クリックで拡大katuo02.jpgkatuo03.jpgkatuo04.jpgkatuo05.jpgkatuo06.jpgkatuo07.jpgkatuo08.jpgkatuo09.jpgkatuo10.jpgkatuo11.jpgkatuo12.jpgkatuo13.jpgkatuo14.jpgkatuo15.jpgkatuo16.jpgkatuo17.jpgkatuo18.jpgkatuo19.jpgkatuo20.jpgkatuo21.jpgkatuo22.jpgkatuo23.jpgkatuo24.jpgkatuo25.jpgkatuo26.jpgkatuo27.jpgkatuo28.jpgkatuo29.jpgkatuo30.jpgkatuo31.jpgkatuo32.jpgkatuo33.jpgkatuo34.jpgkatuo35.jpgkatuo36.jpgkatuo37.jpgkatuo38.jpgkatuo39.jpgkatuo40.jpgkatuo41.jpgkatuo42.jpgkatuo43.jpgkatuo44.jpgkatuo45.jpgkatuo46.jpgkatuo47.jpgkatuo48.jpgkatuo49.jpgkatuo50.jpgkatuo51.jpgkatuo52.jpgkatuo53.jpgkatuo54.jpgkatuo55.jpgkatuo56.jpgkatuo57.jpgkatuo58.jpgkatuo59.jpgkatuo60.jpgkatuo61.jpgkatuo62.jpgkatuo63.jpgkatuo64.jpgkatuo65.jpgkatuo66.jpgkatuo67.jpgkatuo68.jpgkatuo69.jpgkatuo70.jpg■ 全70枚
多摩動物公園で産まれ、市川で育ち、夢見で幕を下ろしたカツオ。
可愛いと言われるレッサーパンダは多いけれど、カッコ良いと言えるレッサーパンダはそうはいない。
カツオはカッコ良いレッサーパンダの代表格でした。

私が知る限りの範囲でカツオの事を出来るだけ正しく皆さんにお伝えしたいと思います。

2002/07/02 多摩市動物公園で父:淡淡 × 母:イクラの間にマグロ共に誕生。
(イクラが西山動物園に所有権があった為、産まれた仔のうち一頭=カツオが西山所有となった)

カツオ・マグロ兄弟が誕生した頃、私は関東を離れていたので多摩でのカツオを知りません。
マグロは埼玉移動前に多摩で逢えた)

東京ズーネットBB:レッサーパンダ】で当時の状況を知るのみです。
最初に歩いてきたのがマグロ、飼育係さんが入ってきて笹を付けると茂みから出てきてパクパクと食べ出すのがカツオ。
放飼場の奥の方でブーブーと一緒に笹を食べているのはマグロです。
(良く似た兄弟ですがマグロの方が気持ち奥目な事とカツオは指の毛を梳く癖があり手が白っぽく見える事から判別しました)

2003/6/18 市川市動植物園へ移動 多摩で暮らしたのは11ヶ月16日(351日)。
1号舎(小さい方)で初めてカツオに逢う。
まるで番犬のようなお座り姿、また、お立ち台でよく立ち上がったそうだが時代が早かったのか来園者から恐がられる事もあったようです。

繁殖の為、2号舎へと移動する。
隣の獣舎に天天とシーンファ・ペアがいた。(シーンファはカツオとペアリング前に天天と試みられた)
一目見てシーンファを気に入ったのかカツオの猛アピール。
天天の手に怪我を負わせるほど天天へのライバル視はスゴかった。

思いが叶って(?)と言うか本来の予定通りシーンファとペアリング。
シーンファもカツオが気に入ったようで檻越しに仲の良い姿が観察される。

2005/06/14 ペアリングに成功しカツオ 2歳11ヶ月12日で父となる。
三つ子が誕生したがシーンファの母乳が足りず二頭が相次いで亡くなり、残り一頭も衰弱していたが人工哺育に切り替え無事成長する(これがハオ)。

2006/06/23 同じくシーンファとの間に双子(ミンファ・メイファ)誕生。 この時、カツオ 3歳11ヶ月21日。
子供であってもシーンファを奪うライバルなのか檻越しにメイファの手を噛んだり、落とそうとする事が度々あり亀甲網が張られるなど対策される。

1号舎へシーンファ母娘が移り、ハオ・ライチ・リンタ(通称悪ガキトリオ)が隣の獣舎にやって来る。
カツオへの挑発行為を繰り返しカツオも対抗するが檻に飛びついた際に勢い余って(軽い)怪我を負うなどあったが退屈せずに適度な良い刺激のようにも感じた。

悪ガキトリオが1号舎へ移り、再び隣にシーンファが戻って来る。
相変わらずのラブラブっぷり。
シーンファが産休に入った頃、カツオの体調に異変が…
涙目と膿、投薬による影響で食欲不振など。
(息子のハオも涙目と膿に悩まされ、またカツオの父の淡淡、親戚のノン、ノアなども膿が出来た事があり膿みやすい家系か?)

2008/06/21 シーンファとの間に双子(レン・ルル)誕生。 この時、カツオ 5歳11ヶ月19日。
育児の息抜きや赤ちゃん公開の練習にシーンファが出てくるととたんにテンションの上がるカツオ。
嬉しさのあまりか調子に乗りすぎ、檻越しにシーンファの頭をペシペシしてしまい相手にされなくなる事もあった (^0^;;

赤ちゃんの公開が始まる頃になるとカツオの体調も次第に良くなり傷も癒えかけた。
そんな時(2008/10/05)シーンファの急死。
カツオの体調の変化など心配された。
今まで自分の子供であってもライバル視していたカツオだがレンとルルがカツオ側の檻を登っていても攻撃することなく匂いを嗅いだり、レンルルが室内に入ると後を追って自分も室内に入るなどしていた。
シーンファの匂いが残っていたのか、子どもたちに癒されていたようにも思う。

カツオの体調もすっかり戻った頃、移動の話が決まる。
2009/01/26 夢見ヶ崎動物公園へ移動 市川で暮らしたのは5年7ヶ月8日(2048日)。

カツオが明明のお眼鏡に適わなかったのか度々、暴力を振るわれる。(私が行った時は毎回)
それともただ単に明明が粗暴な性格だったのか…
それでも自分の役目を果たそうとするカツオ。

移動や明明との関係などのストレスからか歯周病に罹ったカツオ。
不当で不名誉なニュースも流れる。

抜歯後の笹を食べる姿は老パンダのようだった…
それでも一時は良い方向に向かいかけたが何度目かの訪園の際に素人目に見てもまた悪化しているのが見て取れた。

その後、再度の非展示&治療。
体重が3kg台に落ちるなど伝え聞いたが持ち治す。

が…
2010/11/30 死亡 夢見ヶ崎で暮らしたのは1年10ヶ月4日(673日)。

※ 一部、日付のコピペ・ミスがあったので訂正しましたm(..)m 日数計算は正しいものが掲載されていましたのでそのまま。


間違いだらけのニュース(--メ)

お気に入りの個体が亡くなっても日にちが経てば少しずつ気持ちも落ち着いて来るもの。
カツオもお気に入りの個体だがそれ以上に思い入れのある個体が亡くなった時でさえ時が癒してくれた。
ところが今回はもやもやが晴れず、ドロドロとしたヘドロのようなものが溜まっていくばかり。
このままでは動物園に行っても心底は楽しめない。
しっかりとカツオとお別れする為にもこのもやもやドロドロを吐き出そうと思う。

以下はニュースを交え、いちレッサーパンダ・ファンとしての心情を吐露するものであり、反論やご意見はご遠慮下さるようお願い申し上げますm(..)m

レッサーパンダ:ペア、2頭一緒に死ぬ--夢見ケ崎動物公園

 川崎市幸区の夢見ケ崎動物公園で飼育されていたレッサーパンダのペア、カツオ(8歳)とミンミン(11歳)が30日、死んでいるのが確認された。午前5時半ごろ、飼育員が発見。同園にレッサーパンダはいなくなった。
 同園によると、カツオは08年1月から福井県の動物園から繁殖のため借り受けた。ミンミンは99年に同園で誕生し、同園で初の人工飼育で育てられた。
 人間なら50歳前後に相当するカツオは09年4月ごろから、歯周病にかかり、主食であるササを食べられず、最近は流動食にむせることも多かった。27日ごろから吐く回数が増え、死因は栄養低下と誤えん性の肺炎とみられる。
 ミンミンは人間なら70歳程度。10月ごろから呼吸困難になることがあり、検査で心臓肥大などが確認された。投薬治療でも回復せず、死因は心肺不全の可能性が高いという。
 柾一成園長(55)は「病と闘いながら来場者を楽しませてくれた。2頭とも一緒に逝くなんて……」と語った。レッサーパンダは人気の高い看板動物で、同園は他の動物園からペアを借り受けられるよう、日本動物園水族館協会に依頼する予定という。1日から園内に献花台を設置する。

カツオの所有権は福井県西山動物園にあるので、西山動物園から借りたと言うのは誤りではありませんが実際には市川市動植物園から移動しています。
また、08年1月と言うのは明らかに誤りで09年1月です。

レッサーパンダの年齢を人間に換算するのにはムリがありますがあえてするならば、カツオは45~46歳、明明は57~58歳ぐらいでしょう。
動物の人間換算年齢を計算してくれるページがありますが例えば19歳と入力すると『こんな記録はありません。再入力ください。』と出るようにいささかデータが古いようです。
レッサーパンダの飼育が始まった当初に比べ飼育技術なども向上している事から、飼育下では平均寿命は15歳前後、2歳で人間の20歳にあたり以降1年ごとに人間の4歳ずつ歳をとると考えるのが現状に一番近いように思います。

人気者レッサーパンダ夫婦、一緒に天国へ

 川崎市夢見ヶ崎動物公園(幸区)で、人気者のレッサーパンダ「カツオ」(オス8歳)と「明明(みんみん)」(メス11歳)の夫婦が死んでいるのが30日見つかった。
 同園は「年齢も性別も違う2頭が一緒に死ぬのは珍しい」としている。
 人間では50歳前後のカツオは、2008年に明明の婿として他の動物園から来た。歯周病を患い、最近はエサにむせたり吐いたりすることが増えていた。70歳前後になる明明も、10月頃から心臓の肥大で息苦しそうだったという。
 2頭はここ数日、検査で一般公開が中止されており、30日早朝に出勤した職員が、隣同士のオリの中で死んでいるのを見つけた。柾(まさき)一成園長は「天国でも仲良く暮らしてほしい」と話している。2頭に子はなく、同園にレッサーパンダはいなくなった。

こちらでも2008年となっていますが2009年の誤り。 それにしても他の動物園から来たって表現に冷たささえ感じます。
同じく人間換算の年齢はカツオは45~46歳、明明は57~58歳ぐらい。

レッサーパンダ 夫婦とも天国へ

 夢見ケ崎動物公園(川崎市幸区)の人気者だったレッサーパンダの夫婦、「カツオ」と「明明」が30日早朝、ともに死んだ。市民に愛された2匹のために、1日からレッサーパンダ舎前に生前の写真を飾って献花台を設ける。
 メスの明明は夢見ケ崎生まれ。「キスするレッサーパンダ」として話題を集め、2008年に死んだ友友の妹にあたる。その明明の花婿として、09年1月にカツオが福井県鯖江市の動物園から夢見ケ崎にやってきた。
 カツオは人間の50歳前後に相当する8歳だったが、約1年半前から歯周病にかかり、最近は餌をかみ砕いたりのみ込んだりすることが難しくなっていた。一方、明明は人間なら70歳前後という11歳。10月ごろから心臓肥大に苦しんでいたという。

鯖江市の動物園(=西山動物園)からやって来たは誤り。
同じ事をまた書きますが所有権が西山動物園にある為、西山動物園から借りる形になりますが実際には市川市動植物園から移動しています。

レッサーパンダの夫婦「カツオ&ミンミン」一緒に逝く、夢見ケ崎動物公園で献花台設置

 一緒に開けた天国への扉―。川崎市立夢見ケ崎動物公園(同市幸区)で人気を集めたレッサーパンダのつがい、雄のカツオ(8)と雌のミンミン(11)が 11月30日早朝、相次いで死んでいるのが見つかった。仲むつまじい姿が親しまれてきただけに、柾一成園長は「一緒に逝ってしまうなんて、人間には見えないきずながあったのかもしれない」と悼んでいる。
 動物公園によると、同日午前5時半ごろ、別々のおりで横たわって死んでいる2頭を飼育員が見つけた。詳しい死因は分かっていないが、約1年半前から歯周病を患っていたカツオは、吐き戻しなどからかかった肺炎が原因とみられるという。人間でいう70歳に当たるミンミンは10月に心臓の肥大が発見されており、加齢による心肺不全が考えられるという。
 2頭の出会いは2009年1月。ミンミンの花婿として、福井県の西山動物園からカツオが来園した。当初は、カツオがミンミンに追い回されるなど不仲説も持ち上がったが、その後は2頭が寄り添う姿も見られた。柾園長は「姉さん女房と、やんちゃな男の子。お互いマイペースでかわいいカップルだった。天国でも仲良く暮らしてくれれば…」と話す。

私が見た範囲では仲良くしているところは一回も見られず… 最後の方になって仲良くなれたのならそれは良かったと思いますが。

レッサーパンダの「ミンミン&カツオ」悼み、夢見ケ崎動物公園で献花や記帳続々と

 「かわいい姿を見せてくれてありがとう」―。11月30日に川崎市立夢見ケ崎動物公園(同市幸区)で相次いで死んでいるのが見つかったレッサーパンダ10件のつがい、カツオ(8)とミンミン(11)を悼み、一夜たった1日、多くの市民が同公園を訪れた。

~ 中略 ~

 姉さん女房にやんちゃな男の子。約5年間、飼育を担当した長谷川誠さん(38)は「毎朝、ミンミンがカツオにパンチするのがおなじみの光景だった」とほほ笑む。長谷川さん自身も当初は2頭からかみつかれるなど苦労したが、徐々に距離が縮まり、手に載せた餌を食べるまでになっていた。
 長谷川さんは「旅立つ前夜に見たカツオの寝顔はすごくきれいだった。苦しまずに逝ってくれていたら…」と話した。

移動したのが2009年1月なのでカツオ自体の飼育は2年弱ですよね。
そして、市川での飼育体験で私も手からリンゴを与えましたが噛みつくあるいは攻撃性のあるパンダではありませんでした。
リンゴを持った我々を出入り口のところで犬のように待っていて、獣舎に入るとリンゴを食べる定位置に走っていきそこでお座りしてリンゴを貰ってくれたカツオです。
素人の私がエサを与えたり撫でたりしても危険性は全くありませんでした。

そんなカツオが飼育担当者を噛んだ、苦労したと言う話を聞と「移動や明明との同居のストレス、病気でかなり苦しんでいた」と切なくなってきます。


カツオの身体面や性格を考えると何処で飼育されても天寿を全うする事は出来なかったのではないかとも思っています。
早く逝った事に憤っているのではありません。

カツオの不安要素を補うかのようにその繁殖能力は高く、シーンファとペアリングした際には100%成功していた。
シーンファが亡くなった時に市川には繁殖相手がいない、また新たに導入も出来ない事からカツオの移動は覚悟していたし納得もしていた。 (本心は移動して欲しくないんですけどね)

しかし、明明とのペアリングには反対でした。(反対したからって決定がくつがえる訳ではありませんが)
1. 明明が(当時9年7ヶ月7日)と初産を迎える♀パンダとしては高齢だったこと。
2. 加えて♀の標準体重を大きく上回り(2倍!)妊娠の可能性がかなり低い事。
3. また仮に妊娠したとしても母子共に命の危険性がある事。
4. カツオと年齢的にも釣り合い、出産育児経験も豊富で性格的にも合いそうな♀パンダが他にいた事。

BL制度って何?
繁殖の為の移動なら(血統的な事はあるけれど)出産の可能性が少しでも高い所へ移動するべきでは?
ないに等しい可能性に掛ける事に疑問を持っていました。
結果として移動先で子供を残す事もなく逝ってしまったカツオ。
残念です、無念です。

また、偏食パンダと不名誉な汚名を着せられた事もありました。
詳しくは偏食パンダじゃないぞっ!レッサーパンダの食生活と歯をご覧下さい。

【東京ズーネットBB:レッサーパンダ】の動画を見ても判る通り子供の頃から笹を良く食べていました。
ただし、市川に移動してきた際に笹をあまり食べなかったそうで、何かしらのストレスが掛かると笹の食いが悪くなる個体だったようです。
環境への慣れとエサの与え方の工夫などで市川でも笹をモリモリ食べていました。
そして夢見ヶ崎への移動でまた笹を食べなくなった。
決して笹嫌いではないんですよ。

レッサーパンダは忘れっぽい性格をしていますがカツオは記憶力が良かったのか来園者の事も良く覚えているし、保定や注射など嫌な事をされるとなかなか忘れない個体でした。
記憶力の良さが治療を困難にしたり、その後のストレスにも大きな影響を与えたのだと思います。
(息子のハオもカツオほどではないけれど記憶力が良いタイプ、別名:根に持つタイプ ^^;)

カツオが亡くなってネットに流れたニュースでは夢見ヶ崎と鯖江の文字は出てきても、生まれた多摩や一番長く暮らした市川の文字が1つとして出てこない。
ファンとしてカツオの青春が踏みにじられたようでやるせないです。

キャッチなタイトルでカツオと明明の死が報じられていなければ、もう少し穏やかに受け入れられたのだけれど…
まるで長年連れ添った夫婦が手に手を取って天に昇ったようにも受け止められる内容に疑問を持ち、今までの生い立ちを考えるとどうしてもモヤモヤを払拭できないのです。

カツオが暮らしたその場所場所に歴史があり、個々の想い出がある。
それぞれに思い描くのは良いのだけれど、報道となると違います。
もっと事実のみを冷静に伝えて頂きたい。

動物の記事であってももう少し事実確認、推敲をし安易にキャッチなタイトルで惹き付けないようにして頂きたい。
個人でなく公の発表であればその影響は大きいのですからもっと責任持ってくれ!


    [Page Top]   TOTAL Pages   [Home]    


Appendix

インフォメーション

最近の記事

petit pandaについて

RSS Reader



タグリスト

登録数の多い順になっています

タグクラウド



個体紹介

市川Zoo

カツオ シーンファ ハオ
ミンファ メイファ 天天
ナミ ライチ リンタ
次郎 鈴鈴 健健

江戸川Zoo
ブナ ユウユウ 琥太郎
サン


埼玉Zoo
マグロ ポリン トロ
ララ タケ ノコ
ココ ナツ テッカ
マキ


月別アーカイブ

 

ブログ内検索

カウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。