Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の放飼場

クリックで拡大snowpan02.jpgsnowpan03.jpgsnowpan04.jpgsnowpan05.jpgsnowpan06.jpgsnowpan07.jpgsnowpan08.jpgsnowpan09.jpgsnowpan10.jpgsnowpan11.jpgsnowpan12.jpgsnowpan13.jpgsnowpan14.jpgsnowpan15.jpgsnowpan16.jpgsnowpan17.jpgsnowpan18.jpgsnowpan19.jpgsnowpan20.jpgsnowpan21.jpgsnowpan22.jpgsnowpan23.jpgsnowpan24.jpgsnowpan25.jpgsnowpan26.jpgsnowpan27.jpgsnowpan28.jpgsnowpan29.jpgsnowpan30.jpgsnowpan31.jpgsnowpan32.jpgsnowpan33.jpgsnowpan34.jpgsnowpan35.jpgsnowpan36.jpgsnowpan37.jpgsnowpan38.jpgsnowpan39.jpgsnowpan40.jpgsnowpan41.jpgsnowpan42.jpgsnowpan43.jpgsnowpan44.jpgsnowpan45.jpgsnowpan46.jpgsnowpan47.jpgsnowpan48.jpgsnowpan49.jpgsnowpan50.jpgsnowpan51.jpgsnowpan52.jpgsnowpan53.jpgsnowpan54.jpgsnowpan55.jpgsnowpan56.jpgsnowpan57.jpgsnowpan58.jpgsnowpan59.jpgsnowpan60.jpg
■ 前編60枚
雪は昔から好きなんですが五年ほど日本海側の雪国で暮らした事があって、灰色の空と雪はあんまり好きじゃないのです。
(降っている時はほとんど灰色の方が多いよね)
なので、贅沢を言えば2~3日ぐらい雪が降り続いて積もり、その後の晴れの日に(青空で)時々雪が舞うってのが理想。
まぁ、そんなのは10年に一度あるかどうか…

2月3日は東京としてはかなり積もった方で4日は晴れの予想だったので、多摩Zooならば積もった雪が溶けずに青空バックで撮れるかなぁと思ったのだ。
(写真として見る分には降りしきってる時って画になるので好きよ。 撮りに行くのは辛いからヤだけど ^^;)
風景は青空バックになるけれど動物まで絡める事はほとんど出来ませんでした ^^;
でも、お日様浴びてキラキラはあったから良いかなぁ。

さて、こんなご託はさておきレッサーパンダ達の話をしましょう。
大放飼場には4頭のレッサーパンダ達。 (1月中に行けばブーブーも交え5頭で見れたのに…)
若いレッサーパンダだけなので放飼場を駆けめぐったり、バトルをしたりと大忙し。
それを撮る私も大忙し(笑)

それにしてもアジサイ(♂)・コタロウ(♀)とルンルン(♂)・メイメイ(♀)の兄妹達はどの子もそっくり。
現地で生で見ている分には個体識別つくけど、写真となるとチョット怪しい…
間違いがあったらご指摘下さいm(..)m

ついにブーブーの体重を抜いて多摩で一番大きなレッサーパンダになったアジサイ。
アジサイは積極的な性格で活発に動き回り、人懐こい。
アジサイに似ているがおっとりマイペースなコタロウ。
この2頭の見分けは比較的簡単かと思います。 (遠目が怪しいけど ^^;)

1歳下のちびっ子達はまだ産毛が残っているせいか、雨や雪で濡れるとより細くぼそぼその毛に見えるのでアジ・コタとの違いは判る。
ルンルンは飼育係さんからもお墨付きをもらったほど淡淡に生き写し。
そして頬のところの毛がバトルで少し抜けていて、非常に活発で人懐こい。
メイメイは目の下の白いラインがルンルンに比べて多く、コタロウ同様マイペース。
ルン・メイは横顔だと区別しづらくて困るのだ。

クリックで拡大snowpanb_02.jpgsnowpanb_03.jpgsnowpanb_04.jpgsnowpanb_05.jpgsnowpanb_06.jpgsnowpanb_07.jpgsnowpanb_08.jpgsnowpanb_09.jpgsnowpanb_10.jpgsnowpanb_11.jpgsnowpanb_12.jpgsnowpanb_13.jpgsnowpanb_14.jpgsnowpanb_15.jpgsnowpanb_16.jpgsnowpanb_17.jpgsnowpanb_18.jpgsnowpanb_19.jpgsnowpanb_20.jpgsnowpanb_21.jpgsnowpanb_22.jpgsnowpanb_23.jpgsnowpanb_24.jpgsnowpanb_25.jpgsnowpanb_26.jpgsnowpanb_27.jpgsnowpanb_28.jpgsnowpanb_29.jpgsnowpanb_30.jpgsnowpanb_31.jpgsnowpanb_32.jpgsnowpanb_33.jpgsnowpanb_34.jpgsnowpanb_35.jpgsnowpanb_36.jpgsnowpanb_37.jpgsnowpanb_38.jpgsnowpanb_39.jpgsnowpanb_40.jpgsnowpanb_41.jpgsnowpanb_42.jpgsnowpanb_43.jpgsnowpanb_44.jpgsnowpanb_45.jpgsnowpanb_46.jpgsnowpanb_47.jpgsnowpanb_48.jpgsnowpanb_49.jpgsnowpanb_50.jpgsnowpanb_51.jpgsnowpanb_52.jpgsnowpanb_53.jpgsnowpanb_54.jpgsnowpanb_55.jpgsnowpanb_56.jpgsnowpanb_57.jpgsnowpanb_58.jpgsnowpanb_59.jpgsnowpanb_60.jpgsnowpanb_61.jpg
■ 後編61枚
保父さんを卒業し繁殖雄として復活したブーブー。
左端のガラス展示場でカグヤと一緒に暮らしています。
(中央のガラス展示室はシャッターが降りています。 緑太郎の具合はかなり悪そう…)

カグヤはちらちらとブーブーを見て意識しているようですが、ブーブーが近寄っても威嚇する事もなく上手く同居できているようです。
気の強いカグヤにはブーブーのように大物で温厚な紳士がピッタリなのかも。
今年こそは繁殖に期待したいです♪

話変わって、お待ちかねのリンゴタイムの事。
リンゴタイムが近づくとそわそわし出して飼育係さんを出待ちするレッサーパンダ達。
ここまではいつもの光景…

ところが大放飼場に飼育係さんが足を踏み入れると、みんな樹の上に待避。
リンゴを見せながら「リンゴだよ~~っ♪」と飼育係のお姉さんが呼んでも、あの人懐こいアジサイやルンルンまで降りてこようとしません。
ブーブーがいればそれに釣られて安心して近寄ったかなぁ?
かなり粘ったけれども降りてこないので諦めて、ガラス展示室の方へ。

カグヤが逃げるのはまだしもブーブーも樹の上に登って降りてこない。
え~~っ、あのブーブーまで…(!_!)
一体どうした事でしょう?

リンゴをちらつかせながら粘っているとやっと樹から降りてリンゴを貰いに来たブーブー。
一度近寄ってしまえば安心したのかカグヤにあげようと持っているリンゴもおねだりしちゃうブーブーでした。
結局、カグヤはリンゴをもらえなかったのです。

そして大放飼場に再チャレンジ。
アジサイやルンルンではなく、コタロウだけがリンゴを貰いに降りてきたとはこれまたビックリ(!_!)
どうやら雪を踏みしめる音が気になるようでレッサーパンダ達は警戒していたんですね。
それだけならブーブーはすぐさま近寄ってきたのかもしれないけど、放飼場が変わった事もあり少しだけナーバスになっていたのかなぁ。
ともかくレッサーパンダはデリケートな動物だって再認識した日でもありました。

※ 広角レンズはハレ切り道具を持って行かないと、こんな日には酷い事になるねぇ。
よりによってこの日はフードのない安物広角ズーム付けていったんだわ (^-^A
    [Page Top]   TOTAL Pages   [Home]    


Appendix

インフォメーション

最近の記事

petit pandaについて

RSS Reader



タグリスト

登録数の多い順になっています

タグクラウド



個体紹介

市川Zoo

カツオ シーンファ ハオ
ミンファ メイファ 天天
ナミ ライチ リンタ
次郎 鈴鈴 健健

江戸川Zoo
ブナ ユウユウ 琥太郎
サン


埼玉Zoo
マグロ ポリン トロ
ララ タケ ノコ
ココ ナツ テッカ
マキ


月別アーカイブ

 

ブログ内検索

カウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。